毎日ハウジング枚方住宅展示場で2012年4月28日、矢島弓枝撮影
毎日ハウジング枚方住宅展示場で2012年4月28日、矢島弓枝撮影

くらしマンション・住宅最前線

住宅展示場での家探しのポイントは「窓の大きさ」

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 一戸建ての新築や建て替えを考えたとき、まず出かけるのが住宅展示場だろう。テレビCMでおなじみのハウスメーカーや地元の工務店などが多くの建物を展示し、いろいろな相談に乗ってくれる場所だ。

 展示場に出かけて「家探し」をするとき、何を「基準」に選別を行うべきか。

 外観のデザインで「好みの家」を探している人であれば、基準は決まっている。「北欧のムード漂う家に住むのが夢」という人は、その外観を基に取捨選択をする。「純和風がよい」という人は、その外観の家を探せばよい。

この記事は有料記事です。

残り1530文字(全文1761文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。