スキル・キャリア職場のトラブルどう防ぐ?

35歳主婦パートが失業保険を受けられなかった理由

井寄奈美 / 特定社会保険労務士

 A代さん(35)は小学生の子供を育てながらコンビニエンスストアにパートとして1年半勤めましたが、夫の転勤に伴い退職することになりました。勤務時は雇用保険に加入していたので、退職後に失業給付を受けようと申請しましたが受給できませんでした。なぜでしょうか。

希望の勤務日数で働けず

 A代さんは当初、「1日5時間、週4日程度の勤務」の契約で雇用保険にも加入した上で働き始めました。「1週間の所定労働時間20時間以上」が加入要件の一つだからです。

 ところが働き始めてから5カ月目に、子供が入院して週4日勤務が難しくなりました。店長からは、翌月以降…

この記事は有料記事です。

残り1913文字(全文2182文字)

井寄奈美

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/