マネー・金融ニッポン金融ウラの裏

稼ぐ部門を本部エリートがリストラする銀行の“倒錯”

浪川攻 / 金融ジャーナリスト

 銀行業界でコスト削減の動きが本格化する。すでにメガバンクによる事務部門や、個人向け営業を行っている支店の圧縮が話題になっているが、この動きが拡大することは間違いない。だが、単なるコスト削減を目的としたものとなれば弊害も生じかねない。顧客サービスの質を高めない限り、銀行は顧客から見放される。

 「メディアに人員削減と書かれた部門の士気の低下が心配だ」

 あるメガバンクの幹部は、苦虫をかみ潰したような表情でこう話す。自らの将来を描けなくなった行員たちの…

この記事は有料記事です。

残り1194文字(全文1419文字)

浪川攻

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。