スキル・キャリア孔子は働く人の水先案内人

「分かりにくいのは邪説」儒学者・伊藤仁斎が突く本質

羽深成樹 / 前内閣府審議官

 江戸時代は、中国の朱子という学者が打ち立てた朱子学が儒学の主流だった。朱子学は、普遍的原理としての「理」を重んじ、難解な理論で人間修養と禁欲を説いた。これに異を唱えたのが、京都の商家に生まれ、儒学者となった伊藤仁斎である。

 仁斎は、人がめざすべき「道」は、観念的な理論を学ぶことではなく、身近な実践や日常の行動にあり、それが孔子の教えだと説いた。「卑近なことに実があり、高遠なことは虚である」、このことばに仁斎の思想が凝縮されている。

この記事は有料記事です。

残り1407文字(全文1625文字)

羽深成樹

羽深成樹

前内閣府審議官

1958年千葉県生まれ。81年東大法学部卒、大蔵省(現財務省)に入省。大蔵省主計局主査、防衛省大臣官房審議官、首相秘書官、財務省主計局次長、内閣府政策統括官などを経て、内閣府審議官。2017年7月退任。著書に「論語と『やせ我慢』」(PHP研究所)。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?

「36協定」に署名を求められた32歳営業マンの不安

 A太さん(32)は、従業員数約20人の機械卸会社の営業マンです。2年ほど前に今の会社へ転職しました。職場の雰囲気にも慣れ、気持ち…

メディア万華鏡
秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、代表撮影

「小室さん留学意向」の記事と新聞・週刊誌の皇室報道

 なんだろうと疑問が湧いた。毎日新聞6月29日朝刊の「小室さん 米留学意向 今夏にも 眞子さま婚約内定者」という記事を読んだときの…

知ってトクするモバイルライフ
キーを搭載した従来型携帯電話として発売される「インフォバーxv」

SNS疲れの人へガラケー型「auインフォバー」復活

 KDDIが、デザインを重視した携帯端末を送り出す「auデザインプロジェクト」を再始動させ、今秋に「インフォバーxv」を発売する。…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ダーウィン市街北西部のマリーナに沈む壮絶な夕日(写真は筆者撮影)

豪ダーウィン 人口爆発アジアに近いのを生かせない町

 ◇豪ダーウィン編 広大なオーストラリアの中でも最も人口希薄な北部準州(ノーザンテリトリー)。州都ダーウィンは、世界4位の人口大国…

世界透視術

北朝鮮に改革開放の兆し? 指導は中国! カネは日本!

 今年10月、安倍晋三首相が中国を訪問し、習近平国家主席と日中首脳会談を検討しているという情報が首相官邸筋から流れている。こういう…