ソニーが発表した犬型ロボット「アイボ」=2017年11月1日、後藤由耶撮影
ソニーが発表した犬型ロボット「アイボ」=2017年11月1日、後藤由耶撮影

IT・テクノロジーネットから読み解く経済・社会

ソニー新アイボが作る「人とAIの新たなふれあい」

まつもとあつし / ジャーナリスト

 ソニーが犬型ロボットの新型「aibo」(アイボ)を11月1日に発表しました。2018年1月11日に発売されます。本体価格は19万8000円(税抜き)で、ネットワークサービスに接続するベーシックプラン(加入必須、利用期間3年)が9万円(一括払い、税抜き)です。

 06年に先代のAIBOの生産終了以来、実に11年ぶりの復活です。長きにわたる業績低迷から回復を果たしつつあるソニーが、一般消費者向けロボット事業に再参入します。aiboという名前には、「Artificial Intelligence」(人工知能、AI)の意味が含まれます。スマートスピーカーの相次ぐ発売などAIへの関心が高まる中、アイボはどのように人々の間で受け入れられるでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り1634文字(全文1957文字)

まつもとあつし

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街東外れの丘のふもとにある勝利広場とギリシャ正教会(写真は筆者撮影)

ユジノサハリンスクの街に見た「ソビエト」の名残り

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(2) 2018年6月末、日本政府が設置した「サハリン日本センター」主催のロシア人向け講座の講師と…

メディア万華鏡
 

平成とともに消え去る?「女子アナ時代」の30年

 小宮悦子(元テレビ朝日)、高島彩(元フジテレビ)、田丸美寿々(元フジテレビ)、八木亜希子(元フジテレビ)、吉川美代子(元TBS)…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「定時帰りは無理!?」26歳女性“固定残業代”への疑問

 A子さん(26)は、3カ月前に今の会社に転職しました。職種は営業アシスタントです。転職以降、定時に上がれる日がほとんどありません…

知ってトクするモバイルライフ
プライバシー重視の方針を打ち出すアップル。開発者向け会議でもプライバシーに関してはたびたび言及される(写真は2018年6月のアップルの年次開発会議<WWDC>)

アップルが「GAFA」一括りにされるのを嫌がる理由

 総務省は、電気通信事業法の「通信の秘密」の規定を、巨大なプラットフォームを持つ海外のIT企業にも域外適用する方向で検討を進めてい…

ニッポン金融ウラの裏
 

キャッシュレス化20%「日本は遅れてる」はホント?

 「デジタルマネー」が引き続きホットな話題となっている。政府が推進するキャッシュレス化社会の流れに沿った議論だ。だが、さまざまな官…