横浜市西区の日産自動車本社=2017年11月17日、今沢真撮影
横浜市西区の日産自動車本社=2017年11月17日、今沢真撮影

政治・経済自動車不正リポート

日産の現場を疲弊させた「原価低減推進室」の必達目標

編集部

無資格検査の“最終報告”(3)

 日産自動車が11月17日に公表した第三者報告書は、五つの工場で無資格検査が常態化していた原因の一つに、ここ数年の国内生産増加のなかで、「慢性的な完成検査員不足」が生じていたことをあげている。

 第三者報告書は、工場ごとに無資格検査の実態を記載している。国内の生産台数の半分を担う日産九州(福岡県苅田町)では、2000年ごろから無資格検査が行われていた。そして、団塊の世代の退職の影響や、他工場への完成検査員の応援派遣により、16年ごろから無資格検査が頻繁に行われるようになったという。

 日産九州の完成検査員の大多数は「補助検査員を外した場合、計画された生産台数の完成検査を終わらせるこ…

この記事は有料記事です。

残り1358文字(全文1665文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz