スキル・キャリアキャリアを築くヒント

「失敗は宝の山」チームの危機を好機に変える突破力

細川義洋 / ITコンサルタント

 チームで仕事をしていると、メンバー1人のミスで「連帯責任」を問われることがあります。私のいたIT業界はチームを組むことが多く、連帯責任で対応するのが日常茶飯事でした。誰かの作ったプログラムの品質が悪くてシステムが停止すれば、原因究明や復旧にはチーム全員であたるのが普通です。

 失敗したプロジェクトに参加していれば、人事考課に悪影響が出ることもあります。自分のミスでなくてもペナルティーを被るのは、面白くないことこの上ありません。ですが、私の友人に連帯責任が問われる状況を自らのチャンスに変え、社内での自身の存在感を高めた人がいました。

この記事は有料記事です。

残り1357文字(全文1625文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。