トランプ米大統領=2017年11月6日、高本耕太撮影
トランプ米大統領=2017年11月6日、高本耕太撮影

グローバル海外特派員リポート

大きさだけが注目される“トランプ大減税”の落とし穴

清水憲司 / 毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

「トランプ大減税」の行方(2)

 米トランプ政権と共和党は、法人税(連邦税)を現行の35%から20%に大幅に減税し、所得税も最高税率(39・6%)の引き下げを視野に入れた税制改革の年内決着に突き進んでいる。

 中西部カンザス州では州知事と共和党主導の大減税政策がとん挫した(前回「大型減税で予算に大穴が開いた米カンザス州の“教訓”」)。トランプ政権とカンザス州知事の減税策が共通するのは、減税で企業や富裕層が潤えば景気が盛り上がり、恩恵が社会全体に波及するという「トリクルダウン(滴り落ち)理論」が背景にある点だ。いずれも1980年代にレーガン政権で大型減税を主導した著名経済学者アーサー・ラッファー氏の助言を受けた。

 米連邦議会で審議中の法案は、カンザスで「0%」が実施された「パススルー課税」の税率引き下げも盛り込…

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1621文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
清水憲司

清水憲司

毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を経て99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て2004年経済部に移り、流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当し、東日本大震災後には特別報道グループで核燃料サイクル政策も取材した。14年北米総局の特派員となり、米国経済の動向や企業取材を担当している。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?

「社員が裁判員に」仕事の忙しさは辞退の理由になるか

 A男さん(48)は社員数50人の中小企業経営者です。ある日、入社5年目のB輔さん(30)から「裁判員に選ばれたので数日休みたい」…

知ってトクするモバイルライフ
「+メッセージ」はNTTドコモ、au、ソフトバンクの3社が仕様を統一してサービス開始

ドコモ・au・ソフバン「+メッセージ」のできばえ

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、5月9日から「+(プラス)メッセージ」と名づけた新しいメッセージサービスを共同で開…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アルバニア人の美男美女カップルに誘われティラナのオープンカフェでお茶をする(写真は筆者撮影)

元鎖国国家アルバニア 首都ティラナは明るい街だった

 ◇旧ユーゴ諸国とアルバニア編(9) アルバニア。欧州で最も知られざる国。冷戦時代当初はスターリン、次いで毛沢東を範として、世界中…

世界透視術
南浦市の金星トラクター工場で新型トラクターを運転する金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信・朝鮮通信)

南北会談で「金正恩氏をどう呼ぶか」の意外に重い問題

 さてもこのごろ、中国のさる片田舎の貧しい農家に地元のお役人が立ち寄り、ばあ様にこう告げたそうだ。 「おばあさん、大変だ。あした、…

メディア万華鏡
月刊誌「新潮45」の(右から)1月号、2月号、4月号

「新潮45」が示す“多様性”を失った雑誌の息苦しさ

 「新潮45」が「Hanada」になっちゃった!──今年に入ってから新潮社の月刊誌「新潮45」が、(柔らかい表現で言うと)保守系月…