トランプ米大統領=2017年11月6日、高本耕太撮影
トランプ米大統領=2017年11月6日、高本耕太撮影

グローバル海外特派員リポート

大きさだけが注目される“トランプ大減税”の落とし穴

清水憲司 / 毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

「トランプ大減税」の行方(2)

 米トランプ政権と共和党は、法人税(連邦税)を現行の35%から20%に大幅に減税し、所得税も最高税率(39・6%)の引き下げを視野に入れた税制改革の年内決着に突き進んでいる。

 中西部カンザス州では州知事と共和党主導の大減税政策がとん挫した(前回「大型減税で予算に大穴が開いた米カンザス州の“教訓”」)。トランプ政権とカンザス州知事の減税策が共通するのは、減税で企業や富裕層が潤えば景気が盛り上がり、恩恵が社会全体に波及するという「トリクルダウン(滴り落ち)理論」が背景にある点だ。いずれも1980年代にレーガン政権で大型減税を主導した著名経済学者アーサー・ラッファー氏の助言を受けた。

 米連邦議会で審議中の法案は、カンザスで「0%」が実施された「パススルー課税」の税率引き下げも盛り込…

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1621文字)

清水憲司

清水憲司

毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を経て99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て2004年経済部に移り、流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当し、東日本大震災後には特別報道グループで核燃料サイクル政策も取材した。14年北米総局の特派員となり、米国経済の動向や企業取材を担当している。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
プライバシー重視の方針を打ち出すアップル。開発者向け会議でもプライバシーに関してはたびたび言及される(写真は2018年6月のアップルの年次開発会議<WWDC>)

アップルが「GAFA」一括りにされるのを嫌がる理由

 総務省は、電気通信事業法の「通信の秘密」の規定を、巨大なプラットフォームを持つ海外のIT企業にも域外適用する方向で検討を進めてい…

ニッポン金融ウラの裏
 

キャッシュレス化20%「日本は遅れてる」はホント?

 「デジタルマネー」が引き続きホットな話題となっている。政府が推進するキャッシュレス化社会の流れに沿った議論だ。だが、さまざまな官…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街でのイベントにいた着ぐるみ。ちょっと不気味なところがロシア的?(写真は筆者撮影)

サハリン「ユジノサハリンスク」旧樺太の地の今は

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(1) ロシア・サハリン州の、州都ユジノサハリンスク(日本語にすれば「南サハリン市」)。成田空港か…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

転職する27歳男性が驚いた「最後の給与」の手取り額

 A太さん(27)は4年間勤務した会社を3月末に退職し、4月から新しい会社に転職して1人暮らしを始めます。転職は大学の先輩に誘われ…

メディア万華鏡
 

「準強制性交」の罪名に感じる司法の“男性バイアス”

 「薬飲ませ女性暴行の疑い 昭和大の医師2人、容疑否認」「田畑毅議員が辞職願 衆院に提出 女性とトラブル」「新井浩文被告 500万…