思い邪なし

思い邪なし43 鹿児島大空襲(二)

北康利 / 作家

第一章 勝ちに見放されたガキ大将

鹿児島大空襲(二)

 障子の向こうに火の手が見えた瞬間、畩市(けさいち)は、

 「逃げるぞ!」

 と叫んで全員を起こし、少し離れた防空壕(ごう)へと全員を避難させた。その上で彼は家に残した精進料理を取りに帰り、風呂敷に包んで戻ってきた。これがあとで大変役に立った。

 そうこうするうちに、どんどん火の手が近付いてくる。

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1334文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
北康利

北康利

作家

1960年生まれ。東大法学部卒業後、富士銀行(現・みずほ銀行)入行。富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長などを経て、2008年みずほ証券を退職し、本格的に作家活動に入る。著書に「白洲次郎 占領を背負った男」、「吉田茂 ポピュリズムに背を向けて」など。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?

「社員が裁判員に」仕事の忙しさは辞退の理由になるか

 A男さん(48)は社員数50人の中小企業経営者です。ある日、入社5年目のB輔さん(30)から「裁判員に選ばれたので数日休みたい」…

知ってトクするモバイルライフ
「+メッセージ」はNTTドコモ、au、ソフトバンクの3社が仕様を統一してサービス開始

ドコモ・au・ソフバン「+メッセージ」のできばえ

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、5月9日から「+(プラス)メッセージ」と名づけた新しいメッセージサービスを共同で開…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アルバニア人の美男美女カップルに誘われティラナのオープンカフェでお茶をする(写真は筆者撮影)

元鎖国国家アルバニア 首都ティラナは明るい街だった

 ◇旧ユーゴ諸国とアルバニア編(9) アルバニア。欧州で最も知られざる国。冷戦時代当初はスターリン、次いで毛沢東を範として、世界中…

世界透視術
南浦市の金星トラクター工場で新型トラクターを運転する金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信・朝鮮通信)

南北会談で「金正恩氏をどう呼ぶか」の意外に重い問題

 さてもこのごろ、中国のさる片田舎の貧しい農家に地元のお役人が立ち寄り、ばあ様にこう告げたそうだ。 「おばあさん、大変だ。あした、…

メディア万華鏡
月刊誌「新潮45」の(右から)1月号、2月号、4月号

「新潮45」が示す“多様性”を失った雑誌の息苦しさ

 「新潮45」が「Hanada」になっちゃった!──今年に入ってから新潮社の月刊誌「新潮45」が、(柔らかい表現で言うと)保守系月…