思い邪なし

思い邪なし44 稲盛家の戦後(一)

北康利 / 作家

第一章 勝ちに見放されたガキ大将

稲盛家の戦後(一)

 六月の大空襲でも稲盛家は奇跡的に焼け残ったが、喜んだのもつかの間、終戦の日の前々日の爆撃で印刷機や自動製袋機もろとも焼かれてしまう。そして昭和二十年(一九四五年)八月十五日、日本は終戦を迎えた。

 ついに家族全員、小山田へ疎開せざるをえなくなった。

 避難した家財道具もあり、堆肥(たいひ)小屋だけでなく、隧道(ずいどう=トンネル)に掘られたガマ(洞窟)も使わせてもらった。

 先日、筆者は現地を訪れたが、今では凝灰岩の天井が崩れ、裏道へ抜けていた隧道は行き止まりとなっていた…

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1271文字)

北康利

北康利

作家

1960年生まれ。東大法学部卒業後、富士銀行(現・みずほ銀行)入行。富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長などを経て、2008年みずほ証券を退職し、本格的に作家活動に入る。著書に「白洲次郎 占領を背負った男」、「吉田茂 ポピュリズムに背を向けて」など。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?

「36協定」に署名を求められた32歳営業マンの不安

 A太さん(32)は、従業員数約20人の機械卸会社の営業マンです。2年ほど前に今の会社へ転職しました。職場の雰囲気にも慣れ、気持ち…

メディア万華鏡
秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、代表撮影

「小室さん留学意向」の記事と新聞・週刊誌の皇室報道

 なんだろうと疑問が湧いた。毎日新聞6月29日朝刊の「小室さん 米留学意向 今夏にも 眞子さま婚約内定者」という記事を読んだときの…

知ってトクするモバイルライフ
キーを搭載した従来型携帯電話として発売される「インフォバーxv」

SNS疲れの人へガラケー型「auインフォバー」復活

 KDDIが、デザインを重視した携帯端末を送り出す「auデザインプロジェクト」を再始動させ、今秋に「インフォバーxv」を発売する。…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ダーウィン市街北西部のマリーナに沈む壮絶な夕日(写真は筆者撮影)

豪ダーウィン 人口爆発アジアに近いのを生かせない町

 ◇豪ダーウィン編 広大なオーストラリアの中でも最も人口希薄な北部準州(ノーザンテリトリー)。州都ダーウィンは、世界4位の人口大国…

世界透視術

北朝鮮に改革開放の兆し? 指導は中国! カネは日本!

 今年10月、安倍晋三首相が中国を訪問し、習近平国家主席と日中首脳会談を検討しているという情報が首相官邸筋から流れている。こういう…