思い邪なし

思い邪なし44 稲盛家の戦後(一)

北康利 / 作家

第一章 勝ちに見放されたガキ大将

稲盛家の戦後(一)

 六月の大空襲でも稲盛家は奇跡的に焼け残ったが、喜んだのもつかの間、終戦の日の前々日の爆撃で印刷機や自動製袋機もろとも焼かれてしまう。そして昭和二十年(一九四五年)八月十五日、日本は終戦を迎えた。

 ついに家族全員、小山田へ疎開せざるをえなくなった。

 避難した家財道具もあり、堆肥(たいひ)小屋だけでなく、隧道(ずいどう=トンネル)に掘られたガマ(洞窟)も使わせてもらった。

 先日、筆者は現地を訪れたが、今では凝灰岩の天井が崩れ、裏道へ抜けていた隧道は行き止まりとなっていた…

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1271文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
北康利

北康利

作家

1960年生まれ。東大法学部卒業後、富士銀行(現・みずほ銀行)入行。富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長などを経て、2008年みずほ証券を退職し、本格的に作家活動に入る。著書に「白洲次郎 占領を背負った男」、「吉田茂 ポピュリズムに背を向けて」など。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
dポイントの会員数6500万人に

ドコモ「dポイント」リニューアルで利用者拡大戦略

 NTTドコモが自社のポイントサービス「dポイント」の仕組みをリニューアルする。ドコモの回線と結びついたプログラムから、単体で使え…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ティラナ市内の商業地区。四半世紀前まで鎖国していたとは思えないおしゃれな雰囲気(写真は筆者撮影)

藻谷氏が見たアルバニア 米国的消費社会化に突っ走る

 ◇旧ユーゴ諸国とアルバニア編(10) アルバニア。大阪の会社が日本で売るホワイトニングクリームとは無縁の、欧州で最も知られざる国…

メディア万華鏡
辞任を表明し、記者団の質問に答える財務省の福田淳一事務次官=2018年4月18日、渡部直樹撮影

財務省と大相撲に共通する「女性蔑視と差別」の意識

 平成も終わろうとしているのに、いまだにこんなことが、とショックを受けた。財務省の福田淳一事務次官が取材中の女性記者に「胸触ってい…

職場のトラブルどう防ぐ?

「社員が裁判員に」仕事の忙しさは辞退の理由になるか

 A男さん(48)は社員数50人の中小企業経営者です。ある日、入社5年目のB輔さん(30)から「裁判員に選ばれたので数日休みたい」…

世界透視術
南浦市の金星トラクター工場で新型トラクターを運転する金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信・朝鮮通信)

南北会談で「金正恩氏をどう呼ぶか」の意外に重い問題

 さてもこのごろ、中国のさる片田舎の貧しい農家に地元のお役人が立ち寄り、ばあ様にこう告げたそうだ。 「おばあさん、大変だ。あした、…