くらしマンション・住宅最前線

広尾ガーデンヒルズからシニアが移った「終の住まい」

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 日本を代表する“名マンション”の一つに「広尾ガーデンヒルズ」(東京都渋谷区広尾)がある。10年ほど前、その広尾ガーデンヒルズを売って、別のマンションに住み替えるシニア夫婦の動きが目立った時期があった。

 移り住んだ先のマンションとして人気が高かったのは、同じ渋谷区内にある「代官山アドレス ザ・タワー」(渋谷区代官山町)。東急東横線・代官山駅の近くにあった同潤会代官山アパートの建て替えで2000年に生まれた超高層マンションだ。

 つまり広尾ガーデンヒルズを中古として売って、中古の代官山アドレス ザ・タワーに引っ越したのだ。

この記事は有料記事です。

残り2385文字(全文2647文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。