自主廃業決定後、涙を流しながら会見する山一証券の野沢正平社長(当時)=1997年11月24日、河内安徳撮影
自主廃業決定後、涙を流しながら会見する山一証券の野沢正平社長(当時)=1997年11月24日、河内安徳撮影

政治・経済辻野晃一郎の「世界と闘え」

元山一社員の活躍に見る「働き方改革」実現のヒント

辻野晃一郎 / アレックス株式会社代表取締役社長兼CEO

 今年は「働き方改革」の話題が盛り上がった。そもそも「働くことは生きること、生きることは働くこと」と捉えれば、生き方が人によって違うように、百人百様の働き方があるのが自然だ。働き方を議論する根底には、人によって異なるさまざまな働き方を尊重するというスタンスがまずは何よりも大切なのではないだろうか。

 福澤諭吉の心訓七則(実際の作者は不明)は、「世の中で一番楽しく立派なことは、一生涯を貫く仕事を持つということです」という第一則に始まり、第三則には「世の中で一番さびしいことは、する仕事のないことです」とある。すなわち我々にとって、本来「働く」ことは楽しいことであり、喜びであり、生きがいともなるものだろう。

この記事は有料記事です。

残り2088文字(全文2391文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
辻野晃一郎

辻野晃一郎

アレックス株式会社代表取締役社長兼CEO

1957年福岡県生まれ。84年、慶応義塾大学大学院工学研究科を修了し、ソニー入社。VAIOなどの事業責任者、カンパニープレジデントを歴任。2007年、グーグルに入社し、その後、グーグル日本法人代表取締役社長に就任。10年4月にグーグルを退社し、アレックス株式会社を創業。著書に「グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた」(新潮社)、「リーダーになる勇気」(日本実業出版社)、「『出る杭』は伸ばせ! なぜ日本からグーグルは生まれないのか?」(文芸春秋)などがある。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
「+メッセージ」はNTTドコモ、au、ソフトバンクの3社が仕様を統一してサービス開始

ドコモ・au・ソフバン「+メッセージ」のできばえ

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、5月9日から「+(プラス)メッセージ」と名づけた新しいメッセージサービスを共同で開…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アルバニア人の美男美女カップルに誘われティラナのオープンカフェでお茶をする(写真は筆者撮影)

元鎖国国家アルバニア 首都ティラナは明るい街だった

 ◇旧ユーゴ諸国とアルバニア編(9) アルバニア。欧州で最も知られざる国。冷戦時代当初はスターリン、次いで毛沢東を範として、世界中…

世界透視術
南浦市の金星トラクター工場で新型トラクターを運転する金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信・朝鮮通信)

南北会談で「金正恩氏をどう呼ぶか」の意外に重い問題

 さてもこのごろ、中国のさる片田舎の貧しい農家に地元のお役人が立ち寄り、ばあ様にこう告げたそうだ。 「おばあさん、大変だ。あした、…

職場のトラブルどう防ぐ?

「自転車通勤で衝突」労災でも相手に治療費を払う理由

 A輔さん(28)は自転車通勤をしています。年末のある日、会社から帰宅中、無灯火の自転車とぶつかり、けがをしました。通勤時の事故だ…

メディア万華鏡
月刊誌「新潮45」の(右から)1月号、2月号、4月号

「新潮45」が示す“多様性”を失った雑誌の息苦しさ

 「新潮45」が「Hanada」になっちゃった!──今年に入ってから新潮社の月刊誌「新潮45」が、(柔らかい表現で言うと)保守系月…