自主廃業決定後、涙を流しながら会見する山一証券の野沢正平社長(当時)=1997年11月24日、河内安徳撮影
自主廃業決定後、涙を流しながら会見する山一証券の野沢正平社長(当時)=1997年11月24日、河内安徳撮影

政治・経済辻野晃一郎の「世界と闘え」

元山一社員の活躍に見る「働き方改革」実現のヒント

辻野晃一郎 / アレックス株式会社代表取締役社長兼CEO

 今年は「働き方改革」の話題が盛り上がった。そもそも「働くことは生きること、生きることは働くこと」と捉えれば、生き方が人によって違うように、百人百様の働き方があるのが自然だ。働き方を議論する根底には、人によって異なるさまざまな働き方を尊重するというスタンスがまずは何よりも大切なのではないだろうか。

 福澤諭吉の心訓七則(実際の作者は不明)は、「世の中で一番楽しく立派なことは、一生涯を貫く仕事を持つということです」という第一則に始まり、第三則には「世の中で一番さびしいことは、する仕事のないことです」とある。すなわち我々にとって、本来「働く」ことは楽しいことであり、喜びであり、生きがいともなるものだろう。

この記事は有料記事です。

残り2088文字(全文2391文字)

辻野晃一郎

辻野晃一郎

アレックス株式会社代表取締役社長兼CEO

1957年福岡県生まれ。84年、慶応義塾大学大学院工学研究科を修了し、ソニー入社。VAIOなどの事業責任者、カンパニープレジデントを歴任。2007年、グーグルに入社し、その後、グーグル日本法人代表取締役社長に就任。10年4月にグーグルを退社し、アレックス株式会社を創業。著書に「グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた」(新潮社)、「リーダーになる勇気」(日本実業出版社)、「『出る杭』は伸ばせ! なぜ日本からグーグルは生まれないのか?」(文芸春秋)などがある。

イチ押しコラム

世界透視術
中国・北京の人民大会堂

中国富豪の転落死でネットに書かれた「七三死」の意味

 南仏プロバンスにある山村で7月3日、高さ10メートルほどの教会の石壁の上から中国人富豪が転落して死んだ。米誌「フォーチュン」の国…

職場のトラブルどう防ぐ?

「36協定」に署名を求められた32歳営業マンの不安

 A太さん(32)は、従業員数約20人の機械卸会社の営業マンです。2年ほど前に今の会社へ転職しました。職場の雰囲気にも慣れ、気持ち…

メディア万華鏡
秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、代表撮影

「小室さん留学意向」の記事と新聞・週刊誌の皇室報道

 なんだろうと疑問が湧いた。毎日新聞6月29日朝刊の「小室さん 米留学意向 今夏にも 眞子さま婚約内定者」という記事を読んだときの…

知ってトクするモバイルライフ
キーを搭載した従来型携帯電話として発売される「インフォバーxv」

SNS疲れの人へガラケー型「auインフォバー」復活

 KDDIが、デザインを重視した携帯端末を送り出す「auデザインプロジェクト」を再始動させ、今秋に「インフォバーxv」を発売する。…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ダーウィン市街北西部のマリーナに沈む壮絶な夕日(写真は筆者撮影)

豪ダーウィン 人口爆発アジアに近いのを生かせない町

 ◇豪ダーウィン編 広大なオーストラリアの中でも最も人口希薄な北部準州(ノーザンテリトリー)。州都ダーウィンは、世界4位の人口大国…