自主廃業決定後、涙を流しながら会見する山一証券の野沢正平社長(当時)=1997年11月24日、河内安徳撮影
自主廃業決定後、涙を流しながら会見する山一証券の野沢正平社長(当時)=1997年11月24日、河内安徳撮影

政治・経済辻野晃一郎の「世界と闘え」

元山一社員の活躍に見る「働き方改革」実現のヒント

辻野晃一郎 / アレックス株式会社代表取締役社長兼CEO

 今年は「働き方改革」の話題が盛り上がった。そもそも「働くことは生きること、生きることは働くこと」と捉えれば、生き方が人によって違うように、百人百様の働き方があるのが自然だ。働き方を議論する根底には、人によって異なるさまざまな働き方を尊重するというスタンスがまずは何よりも大切なのではないだろうか。

 福澤諭吉の心訓七則(実際の作者は不明)は、「世の中で一番楽しく立派なことは、一生涯を貫く仕事を持つということです」という第一則に始まり、第三則には「世の中で一番さびしいことは、する仕事のないことです」とある。すなわち我々にとって、本来「働く」ことは楽しいことであり、喜びであり、生きがいともなるものだろう。

この記事は有料記事です。

残り2088文字(全文2391文字)

今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

辻野晃一郎

辻野晃一郎

アレックス株式会社代表取締役社長兼CEO

1957年福岡県生まれ。84年、慶応義塾大学大学院工学研究科を修了し、ソニー入社。VAIOなどの事業責任者、カンパニープレジデントを歴任。2007年、グーグルに入社し、その後、グーグル日本法人代表取締役社長に就任。10年4月にグーグルを退社し、アレックス株式会社を創業。著書に「グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた」(新潮社)、「リーダーになる勇気」(日本実業出版社)、「『出る杭』は伸ばせ! なぜ日本からグーグルは生まれないのか?」(文芸春秋)などがある。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
1月末に発売されるウイコウの「トミー3プラス」

仏でシェア2位「ウイコウ」1万4800円スマホの勝算

 フランスに本拠を置くスマホメーカー「ウイコウ(Wiko)」の日本法人が、1月末に新モデルの「トミー3プラス」を発売する。 トミー…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ最南端・アグラス岬に向かうオバーバーグ地方には、羊の牧場に菜の花畑が織り交ざる、美しい丘陵地が広がっていた(写真は筆者撮影)

ケープタウンからアフリカ最南端アグラスへ車を駆る

 ◇南アフリカ編(3) 聞いていたレベルまでの治安の悪さは感じなかったケープタウンのダウンタウンで、5日間の契約でレンタカーを借り…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「自分勝手に勤務?」ママパートに困惑する歯科経営者

 A夫さん(42)は、自分のクリニックを経営する歯科医師です。パートの歯科衛生士で3児の母であるB子さん(33)の“自分勝手な勤務…

ニッポン金融ウラの裏
 

地域銀行が「収益力強化」のために今年やるべきこと

 今年の金融分野の課題は何か――。前回は証券市場の問題を考えたが、今回は間接金融、つまり銀行業界に目を向けてみたい。最大級のテーマ…

メディア万華鏡
西武・そごうのサイトに公開された広告動画

西武そごう広告とSPA!「残念なメディア」の共通項

 昨年の新語・流行語のトップ10に、性暴力を告発する「#MeToo」が入って喜んでいたら、新年早々、メディアと女性をめぐるがっかり…