キャリアを築くヒント

「陣取りゲームで市場攻略」管理職の仕事の楽しみ方

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 リクルートマネジメントソリューションズが発表した「新人・若手の意識調査」によると、2016年の新卒者のうち、「管理職になりたい」「どちらかといえばなりたい」と回答した人の割合は31.9%にとどまりました。10年実施の同調査では55.8%でしたので、短期間で随分と割合が減ってしまいました。

 管理職になると、たしかに責任や仕事量が増えてストレスもたまります。私のようなITの技術者は、現場でモノづくりする楽しさを捨てて管理作業ばかりに時間をとられることを嫌う傾向があります。残業手当がなくなる分、給料も減るかもしれません。調査結果にうなずける部分もあります。

 とはいえ、組織で働いていれば管理職にならざるを得ない場合があるでしょう。転職では、管理職の経験が武…

この記事は有料記事です。

残り1794文字(全文2123文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。