報道陣向けに株主総会の様子を公開する企業が増えてきた=三菱自動車の株主総会で2017年6月23日撮影
報道陣向けに株主総会の様子を公開する企業が増えてきた=三菱自動車の株主総会で2017年6月23日撮影

マネー・金融株主になったら

株主総会はだれでも社長に質問できるがコツがある

中西和幸 / 弁護士

株主総会を楽しんでみよう(3)

 株主総会の最大の見せ場は、株主と経営陣との質疑応答です。株主総会が始まり、20~30分ほど、会社が対処すべき課題の説明をします。それが終わると、いよいよ質疑応答です。

 ところで、一般の個人株主が質問をしても問題はないのでしょうか? もちろん、全く問題ありません。しかし、昔は、「総会屋」が株主総会で問題を起こさないよう、質疑応答がないまま短時間で終わる株主総会がよいとされてきました。

 「総会屋」は、「特殊株主」とも呼ばれます。株主総会で会社役員が嫌がる質問を繰り返した後に、次は質問しないからと別室で金品を要求したり、会社の喜ぶ質問をする代わりに金品を要求したり、暴れる他の総会屋を抑え込む代わりに金品を要求したりする反社会的勢力の一種です。

 最近は、企業、弁護士、警察等の協力で激減しており、株主総会の会場で総会屋を見かける機会は少なくなっています。一般株主が質問をしても、総会屋と間違えられることはないので、安心して下さい。

 一方、会社としては、総会屋がほとんどいなくなったこともあり、積極的に株主からの質問を受けるようになりました。株主総会は個人株主との対話の貴重な機会と捉えているのです。ですから、株主総会に出席したらぜひ質問してみてください。

株主総会であいさつするシャープの戴正呉社長(中央)=堺市のモニター視聴会場で2017年6月20日、釣田祐喜撮影
株主総会であいさつするシャープの戴正呉社長(中央)=堺市のモニター視聴会場で2017年6月20日、釣田祐喜撮影

質問したいときは?

 質疑応答の時間になりますと、最初は、議長から注意事項の説明があり、「それでは質問のある株主様は、挙手をして下さい」と言われます。質問をしたい場合は、しっかり手を挙げてください。指名を受けたら、立って質問をしてください。マイクを渡されたり、質問席に移動したりする場合もあります。

 大きな会場の株主総会では、どの株主が挙手したかが分かるよう、会社がいろいろな工夫をしています。受付で目立つ色の付いた厚紙を株主に手渡してその紙を挙げてもらったり、挙手があると係員がプラカードでその株主がいるエリアを合図したりしています。中には、質問希望者があらかじめ申し込みをして、抽選で質問者を決める会社もあります。

 さあ、指名されたらいよいよ質問です。役員からよい回答をもらうためには、ちょっとしたコツがあります。

 まず、質問事項を要領よく短くまとめます。長々と演説をする株主がいますが、質問のポイントが分からなくなることも多いですし、他の株主に迷惑です。

 次に、質問数を絞ります。あまりたくさんの質問を一度にしますと、質問のピントがぼけてしまったり、質問と回答がかみ合わなかったり、回答が落ちてしまうことがあります。

 最近は、多数の株主が質問をする会社が増えてきましたので、議長から、1~2問に絞るよう、お願いされることもあります。これは、多くの株主が質疑応答に参加できるようにというお願いです。質問する方も、よりよい回答がもらえるよう、質問数は少ない方がいいと思います。

 もし、質問したいことがもっとあったら、一度ほかの株主に質問の機会を譲ってください。その後、質問が少なければ、再度質問をするチャンスがあるでしょう。

壇上にずらりと並ぶ役員=三菱自動車の株主総会で2017年6月23日撮影
壇上にずらりと並ぶ役員=三菱自動車の株主総会で2017年6月23日撮影

議長や、議長に指名された役員が回答

 そして、質問の内容は、今年1年間の企業の活動と、今後の活動、また、配当や役員選任などの議案についての質問をしてください。招集通知に記載されていることに関する質問であれば、問題ありません。

 例えば、「将来、どの事業を伸ばしてどの事業から撤退するのか」「海外と国内の利益の比率はどうか」「借入金の返済計画はどうなっているか」「新任社長としての意気込みを聞かせてほしい」「新しい役員にはどんな活躍を期待しているのか」などの質問が考えられます。

 こうした質問をしますと、議長が、最も適切に回答できる役員を指名して、その役員が回答します。議長自身が回答することもあります。役員の皆さんは、どのような質問が出るかを勉強して出席していますので、真剣に回答してくれます。

 会社経営、すなわち自分が保有している会社の株価が将来上がるか、また配当が増えるか、こうした観点の質問は、株主としての立場を強く打ち出した質問となります。一生懸命質問を考えて、思い切って質問してみませんか。

    ◇    ◇

 企業法務に詳しい弁護士の中西和幸さんが、企業の株式を購入し、株主になるとどんなことが待っているのかをやさしく解説します。原則として月2回掲載します。

「議決権行使書」を提出して株主総会の会場に入る

「カステラ、鮭とば、缶詰」株主総会の土産は多種多彩

経済プレミア最新記事へ

“閑散東芝株主総会”焼き鳥弁当が復活する日はあるか

「創業者が外れて何も問題ない」株主総会で社長が断言

三菱自動車株主総会で噴出した「益子氏続投への疑問」

中西和幸

中西和幸

弁護士

1992年東京大学法学部卒。95年弁護士登録。上場企業の社外取締役、社外監査役を務め、企業法務に詳しい。共著に「会社役員の法務必携」(清文社)、「企業法務からみた株式評価とM&A手続き」(同)、「『社外取締役ガイドライン』の解説」(商事法務)、「企業不祥事インデックス」(同)など。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…