ビットコインの先物を上場した米CBOEのウェブサイト
ビットコインの先物を上場した米CBOEのウェブサイト

政治・経済ビットコイン狂騒曲

「上場初日80億円」ビットコイン先物は様子見ムード

平野純一 / 経済プレミア編集部

 ビットコインの先物商品が、米シカゴのシカゴ・オプション取引所(CBOE)に、現地時間で12月10日夕に上場され、取引が始まった。ただ売買代金(取引高)はまだ少なく、初日は4127枚(約80億円)。「機関投資家も参加する先物市場としては、規模がまだ小さい」(フィスコデジタルアセットグループの田代昌之代表)という。

 ビットコインの先物は今後、12月18日にシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)にも上場。また米ナス…

この記事は有料記事です。

残り1624文字(全文1831文字)

平野純一

平野純一

経済プレミア編集部

1962年生まれ。87年毎日新聞社入社。盛岡支局、サンデー毎日編集部、経済部、エコノミスト編集部などを経て2016年から現職。金融、為替、証券、マクロ経済などを中心に取材。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
10月26日に発売されるiPhone XR

使ってみた「iPhone XR」機能遜色なくコスパいい

 アップルのiPhone XRが10月26日に発売される。同モデルは、9月に登場したiPhone XS、XSマックスよりも価格を抑…

ニッポン金融ウラの裏
日本取引所グループのビル

やっと動き始めた「総合取引所」世界に10年遅れ?

 証券取引所に商品取引所を統合する「総合取引所」が実現に向けて動き出す雲行きとなっている。政府の規制改革推進会議が重点事項のひとつ…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
キエフの下町ボディール地区で見つけた秀逸な壁画。この地に流されてきた涙を受け止めているようにも見える(写真は筆者撮影)

キエフを地下鉄で移動 旧ソ連時代の悲惨な歴史を見る

 ◇ウクライナ・キエフ編(2) 欧州最大の沃野(よくや)を持ちながら、1人当たりGDP(国内総生産)では日本の10分の1以下と欧州…

メディア万華鏡

自滅した新潮45と“まっとうな便乗商法”の文芸誌

 「新潮45」は炎上商法のあげく休刊となってしまったが、これに乗じたまっとうな“商法”で注目なのが、日ごろは目立たない文芸誌だ。 …

職場のトラブルどう防ぐ?

トラブルで「土曜全員出勤」有休の社員はどうなる?

 A郎さん(42)は、社員数約30人の事務機器卸会社の経営者です。会社は「完全週休2日制」を導入しています。土曜日の有給休暇の取り…