思い邪なし

思い邪なし56 セラミックスとの出会い(二)

北康利 / 作家

第一章 勝ちに見放されたガキ大将

セラミックスとの出会い(二)

 無機化学の勉強を始め、卒業論文の作成に費やしたこの半年間はほとんど不眠不休と言ってよく、フィールドワーク、実験室、そして図書館での文献渉猟と多忙な日々が続いた。若いが故に体力に恵まれていたこともあって、猛烈な集中力で研究にいそしんだ。

 今ほど充実した研究施設があるわけではない。ちょうど電子顕微鏡が入ったばかり。粘土の質量分析の前に、まず質量分析をする測定器から作る必要がある。

 島田が他大学の測定器を見て描いたスケッチを参考にしながら、熱膨張計などを見よう見まねで製作した。人…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1203文字)

北康利

北康利

作家

1960年生まれ。東大法学部卒業後、富士銀行(現・みずほ銀行)入行。富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長などを経て、2008年みずほ証券を退職し、本格的に作家活動に入る。著書に「白洲次郎 占領を背負った男」、「吉田茂 ポピュリズムに背を向けて」など。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
10月26日に発売されるiPhone XR

使ってみた「iPhone XR」機能遜色なくコスパいい

 アップルのiPhone XRが10月26日に発売される。同モデルは、9月に登場したiPhone XS、XSマックスよりも価格を抑…

ニッポン金融ウラの裏
日本取引所グループのビル

やっと動き始めた「総合取引所」世界に10年遅れ?

 証券取引所に商品取引所を統合する「総合取引所」が実現に向けて動き出す雲行きとなっている。政府の規制改革推進会議が重点事項のひとつ…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
キエフの下町ボディール地区で見つけた秀逸な壁画。この地に流されてきた涙を受け止めているようにも見える(写真は筆者撮影)

キエフを地下鉄で移動 旧ソ連時代の悲惨な歴史を見る

 ◇ウクライナ・キエフ編(2) 欧州最大の沃野(よくや)を持ちながら、1人当たりGDP(国内総生産)では日本の10分の1以下と欧州…

メディア万華鏡

自滅した新潮45と“まっとうな便乗商法”の文芸誌

 「新潮45」は炎上商法のあげく休刊となってしまったが、これに乗じたまっとうな“商法”で注目なのが、日ごろは目立たない文芸誌だ。 …

職場のトラブルどう防ぐ?

トラブルで「土曜全員出勤」有休の社員はどうなる?

 A郎さん(42)は、社員数約30人の事務機器卸会社の経営者です。会社は「完全週休2日制」を導入しています。土曜日の有給休暇の取り…