2017年のニューイヤー駅伝でいっせいにスタートする選手たち=同年1月1日撮影
2017年のニューイヤー駅伝でいっせいにスタートする選手たち=同年1月1日撮影

政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

「ニューイヤー、箱根」に見る駅伝の経済価値と人間力

エコノミスト編集部

 TBS系ドラマ「陸王」の効果もあり、駅伝への関心が急上昇している。人気の高い駅伝には、さまざまな経済価値がある。週刊エコノミスト編集部の酒井雅浩記者が報告する。

テレビ中継の効果

 駅伝は、日本の新春の風物詩だ。それが定着したのは、テレビ中継の効果が大きい。

 「ニューイヤー駅伝」として親しまれている全日本実業団対抗駅伝競走大会は、1988年の第32回から元日開催となった。84年の第29回からTBSが中継を開始した。1月2、3日に開催されている箱根駅伝は、87年から日本テレビが中継を始めた。いずれも平均視聴率20%台をたたき出す「ドル箱」大会となり、スポーツビジネスと結びついている。

 駅伝人気を支えるのが、一流スポーツ選手が「社員」として企業に所属し、競技だけでなく社業にも携わる企…

この記事は有料記事です。

残り1682文字(全文2025文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
10月26日に発売されるiPhone XR

使ってみた「iPhone XR」機能遜色なくコスパいい

 アップルのiPhone XRが10月26日に発売される。同モデルは、9月に登場したiPhone XS、XSマックスよりも価格を抑…

ニッポン金融ウラの裏
日本取引所グループのビル

やっと動き始めた「総合取引所」世界に10年遅れ?

 証券取引所に商品取引所を統合する「総合取引所」が実現に向けて動き出す雲行きとなっている。政府の規制改革推進会議が重点事項のひとつ…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
キエフの下町ボディール地区で見つけた秀逸な壁画。この地に流されてきた涙を受け止めているようにも見える(写真は筆者撮影)

キエフを地下鉄で移動 旧ソ連時代の悲惨な歴史を見る

 ◇ウクライナ・キエフ編(2) 欧州最大の沃野(よくや)を持ちながら、1人当たりGDP(国内総生産)では日本の10分の1以下と欧州…

メディア万華鏡

自滅した新潮45と“まっとうな便乗商法”の文芸誌

 「新潮45」は炎上商法のあげく休刊となってしまったが、これに乗じたまっとうな“商法”で注目なのが、日ごろは目立たない文芸誌だ。 …

職場のトラブルどう防ぐ?

トラブルで「土曜全員出勤」有休の社員はどうなる?

 A郎さん(42)は、社員数約30人の事務機器卸会社の経営者です。会社は「完全週休2日制」を導入しています。土曜日の有給休暇の取り…