黒木亮さん
黒木亮さん

政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

天才・瀬古選手と走った箱根駅伝のほろ苦い記憶

エコノミスト編集部

作家・黒木亮さんに聞く(2)

 早稲田大学の学生時代に競走部に籍を置き、箱根駅伝を走った作家、黒木亮さん。卒業し銀行に就職。国際金融の最前線で働いた後、作家デビューした。箱根路に至る軌跡を「冬の喝采」(2008年)に著している。【聞き手・週刊エコノミスト編集部、黒崎亜弓】

箱根へと導いた運命

 <自伝的小説「冬の喝采」は、衝撃的なエピローグで幕を閉じる。どんな人なのか知らなかった実の父親が、明治大学の選手として箱根駅伝を走っていたことが、ロンドンに赴任した後に分かる。それも黒木さんと同じ3区と8区だった>

 単なる偶然といっていいんでしょうか。小説以上に小説らしい、運命の不思議なところです。

この記事は有料記事です。

残り1262文字(全文1557文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
シュワルマの店で近所の姉弟にカメラを向けたら満面の笑顔でポーズをしてくれた(写真は筆者撮影)

アンマン「丘の街」を歩いて感じたこの地の寛容さ

 ◇ヨルダン・アンマン編(2) 「中東で最も旅行しやすい国」とガイドブックに書かれるヨルダン。首都アンマンでは、聞いた通り広大な範…

知ってトクするモバイルライフ
米ニューヨークで発表されたギャラクシーノート9

サムスン「ギャラクシーノート9」パワフルさが売り

 サムスン電子は8月9日、米ニューヨークでギャラクシーノートシリーズの最新モデルとなる「ギャラクシーノート9」を発表した。グローバ…

メディア万華鏡
自民党本部前で杉田水脈議員の辞職を求めて抗議する人々=2018年7月27日、宮間俊樹撮影

「生産性ない」発言の杉田水脈議員も差別されている?

 「指導」で終わり? 月刊誌「新潮45」8月号に「『LGBT』支援の度が過ぎる」を寄稿した自民党の杉田水脈衆院議員(比例中国ブロッ…

世界透視術
中国の習近平国家主席=2012年11月、隅俊之撮影

対米貿易戦争へ習主席が発した「思想の国家総動員令」

 世界経済がどうなるか、米中貿易戦争の行方にかかっている。米中貿易戦争の行方がどうなるかは、トランプ米大統領と習近平・中国国家主席…

職場のトラブルどう防ぐ?

「早く転職先に」退職意思を伝えた29歳男性の悩み

 A介さん(29)は、職員数約60人の会計事務所に勤務しています。大学卒業後は会社員をしていましたが、税理士資格を取って独立したい…