IT・テクノロジー知っておきたい電気自動車

電気自動車が広まれば日本メーカーの優位性が消滅?

村沢義久 / 環境経営コンサルタント

 電気自動車(EV)ブームは、「100年に1度の革命」と言われているが、世に出たのはガソリン車より電気自動車の方が先だ。ドイツのカール・ベンツ博士などがガソリン車を初めて製作したのが1885年だが、電気自動車は1830年代に発明されていた。また、時速100キロを達成したのも電気自動車の方が先だ。

 乗り心地も静かな電気自動車の方がはるかによく、そのままいけば「自動車=電気自動車」となったはずだった。ところが、アメリカと中東で大油田が発見されて原油価格が下落、ガソリン車の方が経済的に有利となり、ガソリン車全盛時代となった。

 ガソリン車が普及したもう一つの理由は大幅な技術の改善である。初期の車はスターターがなかったのでドラ…

この記事は有料記事です。

残り1627文字(全文1939文字)

村沢義久

村沢義久

環境経営コンサルタント

1948年徳島県生まれ。東京大学工学部卒業、同大学院工学系研究科修了。スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得後、米コンサルタント大手、べイン・アンド・カンパニーに入社。その後、ゴールドマン・サックス証券バイス・プレジデント(M&A担当)、東京大学特任教授、立命館大学大学院客員教授などを歴任。現在の活動の中心は太陽光発電と電気自動車の推進。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
アップルが独自の番組配信サービスを開始。秋から始まり定額で視聴可能に

アップルが「映像・ニュース・ゲーム」サービスに軸足

 アップルは、米カリフォルニア州クパチーノの本社で3月25日(現地時間)に発表会を開催。独自制作の映画やドキュメンタリーを用意した…

ニッポン金融ウラの裏
 

消費者金融の「無人店舗」新設が目立つ意味合いは?

 消費者ローン市場で微妙な変化が表れ始めている。銀行のカードローン融資残高が少しずつ減少する一方で、消費者金融など貸金業者のローン…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街東外れの丘のふもとにある勝利広場とギリシャ正教会(写真は筆者撮影)

ユジノサハリンスクの街に見た「ソビエト」の名残り

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(2) 2018年6月末、日本政府が設置した「サハリン日本センター」主催のロシア人向け講座の講師と…

メディア万華鏡
 

平成とともに消え去る?「女子アナ時代」の30年

 小宮悦子(元テレビ朝日)、高島彩(元フジテレビ)、田丸美寿々(元フジテレビ)、八木亜希子(元フジテレビ)、吉川美代子(元TBS)…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「定時帰りは無理!?」26歳女性“固定残業代”への疑問

 A子さん(26)は、3カ月前に今の会社に転職しました。職種は営業アシスタントです。転職以降、定時に上がれる日がほとんどありません…