ニューヨーク証券取引所
ニューヨーク証券取引所

政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

サザビーズもNY株も最高値 バブルついに最終局面

エコノミスト編集部

 世界的に景気が拡大し株価や不動産価格が上昇するなかで、カネ余りがマーケットに“怪現象”を生み出している。果たして、世界経済は大丈夫なのか──。週刊エコノミスト2018年1月2・9日合併号の巻頭特集「世界経済総予測」よりダイジェストでお届けする。

だぶつくマネーが流れ込む

 米美術品競売会社サザビーズの株価が、高値圏で推移している。7月、2007年につけた史上最高値(57.6ドル、終値ベース)を更新する57.7ドルをつけ、足元も50ドル台で推移する。世界的にあふれたマネーが美術品にまで流れ込み、同社の株高を演出しているようだ。

 米国で08年から実施された3回の量的緩和(QE)や、欧州・日本のQEなどで世界的にマネーがだぶつき…

この記事は有料記事です。

残り1972文字(全文2286文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?

「有休は所長妻の機嫌次第?」ママパートが憂鬱なワケ

 A代さん(37)は1児の母で、半年ほど前から従業員7人の設計事務所でパートタイマーとして働いています。勤務は週4日で、午前10時…

知ってトクするモバイルライフ
夏モデル全11機種を発表したドコモ

ドコモ夏商戦 ファーウェイ10万円高機能スマホに注目

 夏商戦に向け、ドコモが新たなスマホを発表した。中でも注目を集めたのが、約5年ぶりの採用になる、中国・ファーウェイ製の「P20プロ…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ウェリントンから北上9時間、ハミルトン駅に停車中のノーザン・エクスプローラー号(写真は筆者撮影)

NZ北島を観光特急で縦断 11時間の旅で見えたもの

 ◇ニュージーランド編(2) 隣国の豪州からでも飛行機で3時間半かかる、世界地図の南東に孤立した先進国・ニュージーランド。観光客も…

メディア万華鏡
TOKIOの(右から)松岡昌宏さん、城島茂さん、国分太一さん、長瀬智也さん=5月2日、丸山博撮影

TOKIO「4人の謝罪」と麻生氏の“妄言たれ流し”

 なんで会見するの? 「TOKIO」の山口達也さんが女子高校生への強制わいせつ容疑で書類送検・起訴猶予処分になった問題で、リーダー…

世界透視術
北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長=朝鮮中央通信・朝鮮通信

習近平氏と金正恩氏がたった40日で再会談した理由

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が5月7、8の両日、中国遼寧省の大連を訪れ、習近平中国国家主席と会談した。2人…