社会・カルチャー切ない歌を探して

竹内まりや「駅」偶然の出会いと胸に詰まる思い

森村潘 / ジャーナリスト

 師走の駅で、足早に過ぎてゆく人の群れ。そのなかに、別れた人に似た面影を見てはっとする。冷静になればもうずいぶん昔のことだし、自分が見たのは思い出のなかの面影に似た人だったのだろう……。

 別れた人に偶然出会う、その姿を目にするという設定は、たいていは切ない。

 「別れた人に会った 別れた渋谷で会った」と歌ったのは、ロス・インディオス&シルヴィアの昭和のヒット曲「別れても好きな人」。やっぱり好きだというストレートな思いを告げている。荒井由実の初期の作品「グッド・ラック・アンド・グッド・バイ」も、別れた人に偶然出会う。想像していたほどの衝撃はなく、もう昔のことなのだと思える。

 これより少し前、男女のデュオ、トワ・エ・モワによる「青春のあやまち」は、朝の電車や人ごみの中で、ふ…

この記事は有料記事です。

残り1535文字(全文1873文字)

森村潘

森村潘

ジャーナリスト

大手新聞、雑誌編集などを経てコミュニティー紙の編集などに携わる。ジャンルを超えて音楽を研究、アメリカ文化にも詳しい。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?

トラブルで「土曜全員出勤」有休の社員はどうなる?

 A郎さん(42)は、社員数約30人の事務機器卸会社の経営者です。会社は「完全週休2日制」を導入しています。土曜日の有給休暇の取り…

知ってトクするモバイルライフ
グーグルが発売するピクセル3(右)とピクセル3XL(左)

グーグル初の自社製スマホ「ピクセル3」の出来栄え

 グーグルが、自社製のスマートフォンとしては初となる「ピクセル3」「ピクセル3XL」を11月1日に発売する。 グーグルのオンライン…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
キエフの街。世界遺産のペチェールシク大修道院からドニエプル川と対岸の新市街を望む(写真は筆者撮影)

ウクライナ首都キエフ 東欧最大の都市に何があるのか

 ◇ウクライナ・キエフ編(1) 肥沃(ひよく)で実りの多い場所に、文明が栄え、豊かな国ができる。古代の四大文明や、近現代の米国はそ…

ニッポン金融ウラの裏
東京都江東区で2018年4月1日、丸山博撮影

ノルマ営業を続ける銀行の「売り手発想と時代錯誤」

 銀行業界で、支店の業績評価方式を見直す動きが起きている。金融庁が求めている「顧客本位の業務運営」を営業現場で徹底させるためだ。だ…

メディア万華鏡
「新潮45」10月号に掲載された記事

「新潮45」休刊騒ぎのなかで責任を果たさない人たち

 「新潮45」の休刊騒ぎで思い出した小説がある。出版業界の小説をめぐる内幕を描いた東野圭吾さんの短編集「歪笑小説」(集英社文庫)に…