スキル・キャリア思いを伝える技術

法律文書や行政文書はなぜ意味が伝わらないのか

川井龍介 / ジャーナリスト

 旅行会社でパック旅行などの商品を購入したとき「旅行条件書」が提示されます。取消料や万一事故があったときの責任などが細かくびっしり書かれた文書です。これをしっかり読む人はまずいません。しかし、旅行業者はこれを示す義務があります。

 別な言い方をすると、何かあった時の責任をはっきりさせるため、つまり、業者が自分を守るためのものです。そのため自分本位になりがちです。わかりやすさより、間違っていない内容を示すことが第一になっているようです。

 こうしたことは、行政文書や法律文書によく見られます。規則に関するものや、なにか新たな制度をつくった…

この記事は有料記事です。

残り1300文字(全文1568文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
川井龍介

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ウェリントンから北上9時間、ハミルトン駅に停車中のノーザン・エクスプローラー号(写真は筆者撮影)

NZ北島を観光特急で縦断 11時間の旅で見えたもの

 ◇ニュージーランド編(2) 隣国の豪州からでも飛行機で3時間半かかる、世界地図の南東に孤立した先進国・ニュージーランド。観光客も…

メディア万華鏡
TOKIOの(右から)松岡昌宏さん、城島茂さん、国分太一さん、長瀬智也さん=5月2日、丸山博撮影

TOKIO「4人の謝罪」と麻生氏の“妄言たれ流し”

 なんで会見するの? 「TOKIO」の山口達也さんが女子高校生への強制わいせつ容疑で書類送検・起訴猶予処分になった問題で、リーダー…

世界透視術
北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長=朝鮮中央通信・朝鮮通信

習近平氏と金正恩氏がたった40日で再会談した理由

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が5月7、8の両日、中国遼寧省の大連を訪れ、習近平中国国家主席と会談した。2人…

職場のトラブルどう防ぐ?

「仕事が生きがい」37歳編集者が“裁量労働”で困惑

 A子さん(37)は、美容・健康分野の専門誌をつくる中堅出版社の編集者で、看板雑誌の副編集長をしています。自分のアイデアを形にした…

知ってトクするモバイルライフ
毎月のデータ使用量は気になる…

ドコモ「新データプラン」容量によって切り換えがお得

 NTTドコモは5月25日から、データ使用の新料金プラン「ベーシックパック」と「ベーシックシェアパック」を始める。使ったデータ容量…