米国とメキシコとの国境に架かる「ワールド・トレード橋」に向かうトレーラー=米南部・テキサス州ラレドで2017年11月30日、清水憲司撮影
米国とメキシコとの国境に架かる「ワールド・トレード橋」に向かうトレーラー=米南部・テキサス州ラレドで2017年11月30日、清水憲司撮影

グローバル海外特派員リポート

米メキシコ国境で見た“米NAFTA離脱”の影響度

清水憲司 / 毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

 トランプ米大統領が1月20日に就任1年を迎える。この間、大統領としての経験値を積んだはずだが、「米国第一」や自由貿易を否定する姿勢に変化はない。特にカナダとメキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)を「史上最悪の貿易協定」と呼び続ける。NAFTAを通じて強く結びつく米国・メキシコ国境の街を訪ねた。

3本の橋が架かる米・メキシコ国境の街

 米南部テキサス州ラレドとメキシコ北部ヌエボラレドを隔てるリオグランデ川の鉄橋を、貨物列車がゆっくりと渡っていく。川幅は狭いところで150メートルほど。コンテナ車や穀物、石油、液化石油ガス(LPG)の専用貨車が100両以上も連なり、通過するだけで20分近くかかった。

 ラレドとヌエボラレドの市街地は鉄道用、自動車用、歩行者用の3本の橋が架かり、郊外にはトラック専用の…

この記事は有料記事です。

残り1811文字(全文2162文字)

今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

清水憲司

清水憲司

毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を経て99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て2004年経済部に移り、流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当し、東日本大震災後には特別報道グループで核燃料サイクル政策も取材した。14年北米総局の特派員となり、米国経済の動向や企業取材を担当している。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「自分勝手に勤務?」ママパートに困惑する歯科経営者

 A夫さん(42)は、自分のクリニックを経営する歯科医師です。パートの歯科衛生士で3児の母であるB子さん(33)の“自分勝手な勤務…

ニッポン金融ウラの裏
 

地域銀行が「収益力強化」のために今年やるべきこと

 今年の金融分野の課題は何か――。前回は証券市場の問題を考えたが、今回は間接金融、つまり銀行業界に目を向けてみたい。最大級のテーマ…

知ってトクするモバイルライフ
ディスプレーを折りたためる「フレックスパイ」

5Gに向け新作スマホ「二つ折り画面」は普及するか

 米ラスベガスで1月8~11日、世界最大の家電・IT見本市「CES」が開かれた。 パソコン、テレビから人工知能(AI)を採用した白…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカの服やクラフトを売る店が150店も並ぶ「ウォーターシェッド」でエスワティニ(旧スワジランド)の手作り品を売っていた黒人と白人のコンビ(写真は筆者撮影)

ケープタウンを探索 カラフルな街並み“意外に安全”

 ◇南アフリカ編(2) シンガポールとヨハネスブルクで乗り換え、羽田から24時間少々かけてたどりついた、南アフリカ共和国のケープタ…

メディア万華鏡
西武・そごうのサイトに公開された広告動画

西武そごう広告とSPA!「残念なメディア」の共通項

 昨年の新語・流行語のトップ10に、性暴力を告発する「#MeToo」が入って喜んでいたら、新年早々、メディアと女性をめぐるがっかり…