思い邪なし

思い邪なし58 松風工業入社(二)

北康利 / 作家

第二章 京セラ設立

松風工業入社(二)

 京都の名門、それも碍子(がいし)製造という堅い会社と聞いて両親はすっかり安心している。和夫を大学まで行かした甲斐(かい)があったと、これまでの苦労の日々を思い起こしながら心底喜び、精一杯の送別会を開いてくれた。兄の利則は背広を買ってはなむけとしてくれた。家族総出で鹿児島駅で見送られ、京都へと向かった。

 東海道本線の神足駅(現在の長岡京駅)に降り立ち、本社で挨拶(あいさつ)した後、荷物を置くべくその足…

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1240文字)

北康利

北康利

作家

1960年生まれ。東大法学部卒業後、富士銀行(現・みずほ銀行)入行。富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長などを経て、2008年みずほ証券を退職し、本格的に作家活動に入る。著書に「白洲次郎 占領を背負った男」、「吉田茂 ポピュリズムに背を向けて」など。