社会・カルチャー青春小説の系譜

柳美里「ゴールドラッシュ」14歳少年の混乱の果て

鶴谷真 / 毎日新聞学芸部記者

 主人公の「少年」は14歳の中学2年生だ。「少年」の一部分はあまりにも早く大人になっており、一方で著しく幼いままの部分も多い。その精神は混乱の果てに青春期のはるか手前で大爆発してしまう。柳美里(ゆう・みり)さんの「ゴールドラッシュ」(新潮文庫)である。

 1998年に刊行されると、血みどろの気迫に満ち、理論理屈から遠ざかることで強い説得力を宿す筆致が多くの読者の胸を打った。ドストエフスキーの「罪と罰」にも例えられる大作である。

 柳さんはその前年の97年に神戸市で児童連続殺傷事件を起こした14歳の少年の「心の闇」に入り込もうと…

この記事は有料記事です。

残り1501文字(全文1765文字)

鶴谷真

鶴谷真

毎日新聞学芸部記者

1974年、神戸市出身。2002年毎日新聞社に入社し、岡山支局、京都支局を経て08年に大阪本社学芸部。13年秋から東京本社学芸部。文学を担当している。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ大陸側から欧州を見たジブラルタル海峡。対岸にジブラルタルの岩山が遠望できる(写真は筆者撮影)

「ジブラルタル海峡」欧州とアフリカが行き交った地

 ◇ジブラルタル海峡編(1) ナポレオンは「ピレネー山脈の南(スペイン)はアフリカだ」と言ったという。確かに山脈の南のイベリア半島…

メディア万華鏡
社会学者の上野千鶴子さん=東京・井の頭公園で2017年1月11日、中村藍撮影

上野千鶴子さん東大入学式スピーチの「#MeToo」

 日本版では女優の常盤貴子さんが主人公を演じ好評だった米国の大ヒットドラマ「グッド・ワイフ」のシーズン6を見ていたら、あまりにも分…

ニッポン金融ウラの裏

銀行主導デジタルマネーが「お祭り騒ぎ」で終わる懸念

 銀行業界でデジタルマネー導入の動きが続いている。みずほグループは独自のデジタルマネー「J-COIN」を3月からスタートし、三菱U…

知ってトクするモバイルライフ
交付された5G基地局開設の認定書を手に記念撮影に臨む携帯電話各社の社長ら=総務省で2019年4月10日、山下浩一撮影

2020年に始まる超高速「5G」は生活を一変させるか

 総務省は、携帯電話事業者4社に割り当てる5Gの周波数を決定した。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは、2020年…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「店長だから」と負担増“36歳子育て女性”の不信感

 2児を育てるA美さん(36)は、あるフラワーショップの店長です。当初はアルバイトでしたが、半年前に店長に指名されフルタイム勤務に…