割れたガラスの破片同士(右)をくっつけて自己修復したガラス(左)=東京大学相田研究室提供
割れたガラスの破片同士(右)をくっつけて自己修復したガラス(左)=東京大学相田研究室提供

政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

ベネチアガラス職人も驚く「割れてもくっつくガラス」

エコノミスト編集部

 AIや自動運転だけではない。あっと驚く新技術が次々と登場している。2018年、注目の技術を13分野にわたって紹介した週刊エコノミスト1月23日号の巻頭特集「市場を動かす すごい技術」から「割れてもくっつくガラスの技術」をお届けする。

破片を押しつけると修復可能

 「スマホを落としてガラスが割れてしまった」。でも心配ご無用。割れた破片と破片を押しつけると元通りに--。

 こんな話が近い将来、実現するかもしれない。東京大学の相田卓三教授(超分子化学)らのグループは、割れ…

この記事は有料記事です。

残り1406文字(全文1639文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。