中国「科大訊飛」が開発したAIロボット。「『国』の書き順を教えて」と話しかけると、画面に表示される=中国合肥市で2017年12月6日、赤間清広撮影
中国「科大訊飛」が開発したAIロボット。「『国』の書き順を教えて」と話しかけると、画面に表示される=中国合肥市で2017年12月6日、赤間清広撮影

グローバル海外特派員リポート

「グーグルに肉薄」中国地場企業・科大訊飛のAI技術

赤間清広 / 毎日新聞中国総局特派員(北京)

 「OK、Google」「Hey、Siri」

 スマートフォンに話しかけると、機械が言葉を理解して指示通りに動いてくれる機能は今や当たり前の存在になりつつある。

 その機能の中核となる技術が人の発した言葉をAI(人工知能)が認識し、意味を読み取る「音声認識技術」だ。

強まる音声認識技術の米企業依存

 世界ではこの技術を応用したAIスピーカーがブームとなり、日本企業も相次ぎ新商品を販売している。しかし、そうしたAIスピーカーの多くが、音声認識をグーグルなど米IT企業が開発したシステムに依存しているのが実情だ。

 AI研究では豊富なノウハウと資金、人材を有する米国のIT企業が大きく先行している。産業のAI化が進…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1483文字)

赤間清広

赤間清広

毎日新聞中国総局特派員(北京)

1974年、宮城県生まれ。宮城県の地元紙記者を経て2004年に毎日新聞社に入社。気仙沼通信部、仙台支局を経て06年から東京本社経済部。経済部では財務省、日銀、財界などを担当した。16年4月から現職。中国経済の動きを追いかけている。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街東外れの丘のふもとにある勝利広場とギリシャ正教会(写真は筆者撮影)

ユジノサハリンスクの街に見た「ソビエト」の名残り

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(2) 2018年6月末、日本政府が設置した「サハリン日本センター」主催のロシア人向け講座の講師と…

メディア万華鏡
 

平成とともに消え去る?「女子アナ時代」の30年

 小宮悦子(元テレビ朝日)、高島彩(元フジテレビ)、田丸美寿々(元フジテレビ)、八木亜希子(元フジテレビ)、吉川美代子(元TBS)…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「定時帰りは無理!?」26歳女性“固定残業代”への疑問

 A子さん(26)は、3カ月前に今の会社に転職しました。職種は営業アシスタントです。転職以降、定時に上がれる日がほとんどありません…

知ってトクするモバイルライフ
プライバシー重視の方針を打ち出すアップル。開発者向け会議でもプライバシーに関してはたびたび言及される(写真は2018年6月のアップルの年次開発会議<WWDC>)

アップルが「GAFA」一括りにされるのを嫌がる理由

 総務省は、電気通信事業法の「通信の秘密」の規定を、巨大なプラットフォームを持つ海外のIT企業にも域外適用する方向で検討を進めてい…

ニッポン金融ウラの裏
 

キャッシュレス化20%「日本は遅れてる」はホント?

 「デジタルマネー」が引き続きホットな話題となっている。政府が推進するキャッシュレス化社会の流れに沿った議論だ。だが、さまざまな官…