中国「科大訊飛」が開発したAIロボット。「『国』の書き順を教えて」と話しかけると、画面に表示される=中国合肥市で2017年12月6日、赤間清広撮影
中国「科大訊飛」が開発したAIロボット。「『国』の書き順を教えて」と話しかけると、画面に表示される=中国合肥市で2017年12月6日、赤間清広撮影

グローバル海外特派員リポート

「グーグルに肉薄」中国地場企業・科大訊飛のAI技術

赤間清広 / 毎日新聞中国総局特派員(北京)

 「OK、Google」「Hey、Siri」

 スマートフォンに話しかけると、機械が言葉を理解して指示通りに動いてくれる機能は今や当たり前の存在になりつつある。

 その機能の中核となる技術が人の発した言葉をAI(人工知能)が認識し、意味を読み取る「音声認識技術」だ。

強まる音声認識技術の米企業依存

 世界ではこの技術を応用したAIスピーカーがブームとなり、日本企業も相次ぎ新商品を販売している。しかし、そうしたAIスピーカーの多くが、音声認識をグーグルなど米IT企業が開発したシステムに依存しているのが実情だ。

 AI研究では豊富なノウハウと資金、人材を有する米国のIT企業が大きく先行している。産業のAI化が進…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1483文字)

赤間清広

赤間清広

毎日新聞中国総局特派員(北京)

1974年、宮城県生まれ。宮城県の地元紙記者を経て2004年に毎日新聞社に入社。気仙沼通信部、仙台支局を経て06年から東京本社経済部。経済部では財務省、日銀、財界などを担当した。16年4月から現職。中国経済の動きを追いかけている。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…