仏パリで2016年9月撮影
仏パリで2016年9月撮影

IT・テクノロジー知っておきたい電気自動車

仏英中3カ国が宣言「脱ガソリン、電気自動車シフト」

村沢義久 / 環境経営コンサルタント

 各国政府による脱ガソリン車の動きが相次いでいる。まず、2017年7月、フランスは、40年までに国内におけるガソリン車およびディーゼル車の販売を禁止すると発表。パリ協定の議長国が二酸化炭素(CO2)削減の先頭に立つ意義は大きい。

 フランスの動きにイギリスが続いた。同じく7月に40年から石油を燃料とするガソリン車とディーゼル車の販売を禁止すると明らかにした。

 両国政府の動きの背景として、これまでヨーロッパで普及してきたディーゼル車のエコカーとしての限界が認…

この記事は有料記事です。

残り1494文字(全文1723文字)

村沢義久

村沢義久

環境経営コンサルタント

1948年徳島県生まれ。東京大学工学部卒業、同大学院工学系研究科修了。スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得後、米コンサルタント大手、べイン・アンド・カンパニーに入社。その後、ゴールドマン・サックス証券バイス・プレジデント(M&A担当)、東京大学特任教授、立命館大学大学院客員教授などを歴任。現在の活動の中心は太陽光発電と電気自動車の推進。