社会・カルチャー戦国武将の危機管理

城を守れなかった家臣を追放した前田利家の“覚悟”

小和田哲男 / 静岡大学名誉教授

 賤ヶ岳の戦い後、次第に織田家を簒奪(さんだつ)する動きを露骨に示しはじめた羽柴秀吉に対し、それに待ったをかける形で戦いに挑んだのが徳川家康と信長の次男、織田信雄である。この秀吉対家康・信雄連合軍が天正12(1584)年に激突した。主戦場となった場所の名をとって小牧・長久手の戦いとよばれている。

 もっとも、このとき戦場となったのは小牧・長久手だけでなく、他の場所でも戦いとなっていた。加賀・能登を領していた前田利家と越中を領していた佐々成政も、その国境で戦っており、「北陸版小牧・長久手の戦い」などとよばれている。利家が秀吉陣営、成政が家康・信雄陣営というわけである。

 成政が越中から能登に攻め込んだことで戦いがはじまった。成政はこのとき、利家の重臣奥村永福(ながとみ…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1280文字)

小和田哲男

小和田哲男

静岡大学名誉教授

戦国大名・今川氏のお膝元で、徳川家康の隠居先でもあった静岡市で1944年に生まれる。72年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本中世史。戦国時代史研究の第一人者として知られ、歴史番組でおなじみの顔。趣味は「城めぐり」で、公益財団法人「日本城郭協会」の理事長も務める。主な著書に「戦国の群像」(2009年、学研新書)、「黒田官兵衛 智謀の戦国軍師」(13年、平凡社新書)。公式サイト https://office-owada.com