スキル・キャリア職場のトラブルどう防ぐ?

26歳女性が自己退職後に失業保険を受ける損得は

井寄奈美 / 特定社会保険労務士

 A子さん(26)は、大卒後に約4年間勤務した会社を昨年末に退職しました。営業事務でしたが、「もっと自分に合う仕事が他にあるのでは」と考えたからです。職場は長期休暇を申請できるような雰囲気がなく、大好きな海外旅行も我慢していました。しばらくゆっくりしてから次の仕事を探すつもりですが、雇用保険の失業給付を受けるべきかどうか迷っています。

この記事は有料記事です。

残り1647文字(全文1815文字)

井寄奈美

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/