スキル・キャリアキャリアを築くヒント

目標達成へ「英国紳士気取り」が努力を引き出したワケ

細川義洋 / ITコンサルタント

 キャリアアップのためには、相応の努力が必要です。たくさん勉強したり体力や技能を身に着けたりするなど、時間や労力を要します。そうした努力が仕事の中でできればよいですが、身に着けたい技能が仕事と直結していない場合は大変です。

 国内業務の担当者が外国語を習得したり、営業職がプログラミングを身に着けたりするには、仕事で疲れた体にむち打って終業後や休日に取り組まなければなりません。途中で挫折することもあるでしょう。今回は、そうした状況で自分の目標をかなえたある同僚のことを紹介します。

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1697文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。