社会・カルチャーベストセラーを歩く

瀬戸内寂聴が「いのち」で描く女性作家との深い交わり

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 新聞などで文学者をめぐるニュース報道をするには、いくつかのタイミングがある。新作の発表時や文学賞を受賞した時はその代表的なものだが、最も大きな節目といえば、亡くなった時だ。

 ニュース価値の高い文学者なら、第一報の後で、追悼記事をつくることが必要だ。その作家を悼む文章も掲載したい。その文業を一望したり、意味づけたり、交際の中から人柄を浮き彫りにしてもらったりする必要があるのだ。

この記事は有料記事です。

残り1589文字(全文1779文字)

重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。