スキル・キャリアミスを見逃さない校閲の技術

「中の人」校閲記者がツイッターで文章を発信する理由

毎日新聞校閲グループ

 毎日新聞校閲グループは、運営するインターネットサイト「毎日ことば」とツイッター(mainichi_kotoba)などで文章を発信しています。この連載「ミスを見逃さない校閲の技術」は、そうした文章を基にしています。

 ツイッターで発信を始めたのは2011年5月ですが、18年1月現在、ツイッターのフォロワー(読者)は5万人以上で、日々さまざまな声が寄せられています。こんなに反響があるとは思ってもみませんでした。

この記事は有料記事です。

残り1574文字(全文1779文字)

毎日新聞校閲グループ

毎日新聞校閲グループ

毎日新聞は東京に40人余り、大阪に30人余りの校閲記者がいる。原則として広告などを除く全紙面について記事のチェックをしており、いわば新聞の「品質管理部門」。書籍などと比べてかなり短時間で仕事をこなさなければならないのがつらいところ。朝刊の校閲作業は深夜になるため生活は「夜型」である。