政治・経済ビットコイン狂騒曲

「仮想通貨の要は秘密鍵」自分でPC管理すれば安全?

平野純一 / 経済プレミア編集部

 仮想通貨交換業者「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が不正アクセスによって流出した事件で、金融庁は1月29日、同社に業務改善命令を出すとともに、2月2日から立ち入り検査を行っている。

 金融庁は、コインチェックがどのような体制で顧客の口座を管理・保管していたかを詳細に調べている。金融庁は同社に対し、事件の原因究明、顧客への対応、リスク管理や経営管理の強化と責任の所在の明確化--などを早急に行って2月13日までに書面で報告することを求めており、コインチェックがどのような回答をするのかに注目が集まる。

この記事は有料記事です。

残り1384文字(全文1649文字)

平野純一

平野純一

経済プレミア編集部

1962年生まれ。87年毎日新聞社入社。盛岡支局、サンデー毎日編集部、経済部、エコノミスト編集部などを経て2016年から現職。金融、為替、証券、マクロ経済などを中心に取材。