労務や働き方改革のセミナーに関心が集まっている
労務や働き方改革のセミナーに関心が集まっている

政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

高まる「労務リスク」対応できない会社の悲惨な末路

エコノミスト編集部

 「働き方改革」が進むなか、労務に誰しも無関心でいられない。経営者も働く人も、労働法を知って使いこなすことが必要な時代だ。週刊エコノミスト2月20日号「みんなの『労働法』」よりダイジェストでお届けする。

労務セミナーが活況の理由

 労務に詳しい社会保険労務士や弁護士のセミナーが今、各地で大盛況だ。

 「36(サブロク)協定の内容を、皆さんの会社の管理職は知っていますか。知らないほど怖いものはありませんよ」--。

 東京・丸の内のオフィスビルで1月25日に開かれた「『働き方改革』の実現に向けたセミナー」。講師とな…

この記事は有料記事です。

残り1889文字(全文2143文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。