思い邪なし

思い邪なし82 冒険心とハングリーさ(一)

北康利 / 作家

第二章 京セラ設立

冒険心とハングリーさ(一)

 稲盛は平成十年(一九九八年)七月十日に軽井沢で行われたトップマネジメントセミナーの席上、

 「ベンチャーには冷たい北風にあおられる中で生まれる冒険心とハングリーさが必要。ベンチャーキャピタルなどの南風を受け、“チョウよ花よ”と持ち上げられる最近では、リスキーな挑戦心が生まれるかどうか」

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1338文字)

北康利

北康利

作家

1960年生まれ。東大法学部卒業後、富士銀行(現・みずほ銀行)入行。富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長などを経て、2008年みずほ証券を退職し、本格的に作家活動に入る。著書に「白洲次郎 占領を背負った男」、「吉田茂 ポピュリズムに背を向けて」など。