福島第1原発の廃炉作業用に開発され、報道公開された除染装置のデモンストレーション=東芝横浜事業所磯子で2013年2月15日、宮間俊樹撮影
福島第1原発の廃炉作業用に開発され、報道公開された除染装置のデモンストレーション=東芝横浜事業所磯子で2013年2月15日、宮間俊樹撮影

政治・経済東芝問題リポート

「売上高構成比たった3%」東芝原子力事業の行方は?

編集部

車谷氏の東芝CEO就任(4)

 東芝の会長兼最高経営責任者(CEO)に就任する車谷暢昭・元三井住友銀行副頭取(60)が、東芝の再建に向けて直面する課題の一つに、原子力事業をどうするか、という問題がある。

 子会社だった米原子力大手、ウェスチングハウスは経営破綻して東芝から切り離された。このため今の東芝の原子力事業の中心は国内であり、東日本大震災で事故を起こした福島第1原発をはじめとする廃炉事業、それに既存原発の維持・補修が中心だ。

 2月14日に公表された東芝の2017年4~12月期決算の売上高は約2兆8000億円。このうち原子力…

この記事は有料記事です。

残り1292文字(全文1557文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz