スキル・キャリアキャリアを築くヒント

2年間書いたメモから強みを見つけた技術者の転身

細川義洋 / ITコンサルタント

 会社には、楽しい仕事ばかりがあるわけではありません。つまらない仕事を任され、やる気も成果も出ない日々を過ごすケースもあります。今回はそうした状況の中で、毎日短いメモを書き続けて仕事に喜びを見つけ、キャリアアップしたある後輩のことを紹介します。

備忘録代わりの日誌で工夫

 後輩は大学院で最新のコンピューター理論を学び、その研究に従事したいと大手IT企業に入社しました。しかし彼が2年目に任された仕事は、ある顧客に常駐して情報システムを運用することでした。

 コンピューターの安定稼働を確認して問題があれば修理を依頼したり、顧客から操作方法の質問に答えたりし…

この記事は有料記事です。

残り1311文字(全文1587文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。