政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

1ドル=100円割れも 米国の保護主義で円高進む

エコノミスト編集部

 2017年から続いてきた「適温相場」に異変が生じつつある。米国で長期金利が上昇し、日本との間で金利差が開いているにもかかわらず、「円高・ドル安」に進んでいるのだ。いったい何が起きているのか。週刊エコノミスト3月13日号「為替で読む世界経済」よりダイジェストでお届けする。

為替の「パラダイムシフト」

 2017年の「ゴルディロックス(適温)経済」と呼ばれる世界経済の好況を支えてきたのは、金利の低位安定だ。その立役者とも言える米長期金利(10年物国債利回り)は、米連邦準備制度理事会(FRB)が、トランプ氏当選後、昨年12月まで4回の利上げを実施するなか、なかなか2.5%を超える水準まで上がってこなかった。

 ところが、今年に入ってから上昇トレンドにある。2月2日に公表された米雇用統計の内容が想定以上に良か…

この記事は有料記事です。

残り1860文字(全文2213文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。

イチ押しコラム

メディア万華鏡
秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、代表撮影

「小室さん留学意向」の記事と新聞・週刊誌の皇室報道

 なんだろうと疑問が湧いた。毎日新聞6月29日朝刊の「小室さん 米留学意向 今夏にも 眞子さま婚約内定者」という記事を読んだときの…

知ってトクするモバイルライフ
キーを搭載した従来型携帯電話として発売される「インフォバーxv」

SNS疲れの人へガラケー型「auインフォバー」復活

 KDDIが、デザインを重視した携帯端末を送り出す「auデザインプロジェクト」を再始動させ、今秋に「インフォバーxv」を発売する。…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ダーウィン市街北西部のマリーナに沈む壮絶な夕日(写真は筆者撮影)

豪ダーウィン 人口爆発アジアに近いのを生かせない町

 ◇豪ダーウィン編 広大なオーストラリアの中でも最も人口希薄な北部準州(ノーザンテリトリー)。州都ダーウィンは、世界4位の人口大国…

世界透視術

北朝鮮に改革開放の兆し? 指導は中国! カネは日本!

 今年10月、安倍晋三首相が中国を訪問し、習近平国家主席と日中首脳会談を検討しているという情報が首相官邸筋から流れている。こういう…

職場のトラブルどう防ぐ?

パート看護師「社会保険への加入」で院長が悩んだ理由

 A雄さん(53)は、職員数20人ほどのクリニックの院長です。職員には、フルタイムの看護師のほか、短時間勤務(パート)の看護師が数…