政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

1ドル=100円割れも 米国の保護主義で円高進む

エコノミスト編集部

 2017年から続いてきた「適温相場」に異変が生じつつある。米国で長期金利が上昇し、日本との間で金利差が開いているにもかかわらず、「円高・ドル安」に進んでいるのだ。いったい何が起きているのか。週刊エコノミスト3月13日号「為替で読む世界経済」よりダイジェストでお届けする。

為替の「パラダイムシフト」

 2017年の「ゴルディロックス(適温)経済」と呼ばれる世界経済の好況を支えてきたのは、金利の低位安定だ。その立役者とも言える米長期金利(10年物国債利回り)は、米連邦準備制度理事会(FRB)が、トランプ氏当選後、昨年12月まで4回の利上げを実施するなか、なかなか2.5%を超える水準まで上がってこなかった。

 ところが、今年に入ってから上昇トレンドにある。2月2日に公表された米雇用統計の内容が想定以上に良か…

この記事は有料記事です。

残り1860文字(全文2213文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏
記者会見で質問に答える黒田東彦・日銀総裁=2019年1月23日、後藤豪撮影

日銀保有ETF21兆円と「昭和40年不況」の棚上げ策

 日銀がマイナス金利政策を発動して早くも3年になる。いまのところ、日銀がマイナス金利政策を脱却する見通しは立っておらず、金融機関の…

知ってトクするモバイルライフ
3月1日に発売する「トーンe19」。シンプルなミドルレンジモデルで価格を抑えた

「iPhone1台分で1家族」トーンモバイル新端末

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)傘下で格安スマホ事業を展開するトーンモバイルが、新端末「トーンe19」を3月1日に発…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
国道4号沿いのサービスエリア「Alzu」はサイ、カバ、インパラなどが放し飼いにされている人気スポット(写真は筆者撮影)

ヨハネスブルク「絶対に歩いてはいけない」地区を縦断

 ◇南アフリカ編(7) レソト王国入国に失敗したにもかかわらず、懲りもせず今度は、エスワティニ(旧スワジランド)の国境近くまで走っ…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

働き方改革のしわ寄せ?「収入半減」パート女性の嘆き

 A実さん(55)は、チェーン展開する自宅近くのクリーニング店で受付のパートとして働いています。昨年「働き方改革」への対応で店舗に…

メディア万華鏡
婚約が内定、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日、代表撮影

「開かれた皇室」が生んだ?小室さんスキャンダル報道

 ガソリン、投下しちゃった。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期となっている米国留学中の小室圭さん(27)が1月22日、母…