政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

市場から消えた楽観論 歴史的「適温相場」は終わり?

エコノミスト編集部

 低インフレ、低金利に支えられた「適温相場」はいよいよ終わりを迎えるかもしれない。市場から楽観論が消え始めた。週刊エコノミスト3月27日号の巻頭特集「相場急変」よりお届けする。

「インフレで金融引き締め」の連想

 米労働省が米東部標準時間の3月9日午前8時半(日本時間午後9時半)、市場が固唾(かたず)をのんで見守った2月の雇用統計を発表した。最も注目が集まったのは、民間非農業部門の労働者の「平均時給」。前年同月比で2.6%上昇と市場予想の2.8%を下回ったことを好感し、同日の米ダウ工業株30種平均(NYダウ)は前日比440ドル53セント(1.8%)高の2万5335ドル74セントと、大幅高で引けた。

 市場が平均時給の伸びに警戒するのは理由がある。平均時給が上がれば、消費の活発化などでインフレ率も上…

この記事は有料記事です。

残り1413文字(全文1763文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。