大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」型の試射を承認するために署名する金正恩・朝鮮労働党委員長=朝鮮中央通信・朝鮮通信
大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」型の試射を承認するために署名する金正恩・朝鮮労働党委員長=朝鮮中央通信・朝鮮通信

グローバルWorld Watch(ワールド・ウオッチ)

米朝対話へ北朝鮮「大譲歩」の謎 核保有承認の思惑?

会川 晴之 / 毎日新聞北米総局特派員

 トランプ米大統領は3月8日(日本時間9日午前)、南北協議に臨んだ韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長とホワイトハウスで会談した。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が首脳会談を要請しているとの考えを伝えられ、この申し出を受諾する考えを表明した。米朝首脳会談が実現すれば史上初となり、北朝鮮の核・ミサイル問題の解決に向けた取り組みが本格化することになる。

 会談では、鄭氏が、5日の平壌での南北協議で、金委員長が(1)非核化を課題に米国との直接協議を希望す…

この記事は有料記事です。

残り1462文字(全文1696文字)

会川 晴之

会川 晴之

毎日新聞北米総局特派員

1959年東京都生まれ、北海道大学法学部卒、87年毎日新聞入社。東京本社経済部、政治部、ウィーン支局、欧州総局長(ロンドン)、北米総局長(ワシントン)などを経て、2018年12月から現職。日米政府が進めたモンゴルへの核廃棄計画の特報で、11年度のボーン・上田記念国際記者賞を受賞。日本発の核拡散を描いた毎日新聞連載の「核回廊を歩く 日本編」で、16年の科学ジャーナリスト賞を受賞。著書に「核に魅入られた国家 知られざる拡散の実態」(毎日新聞出版)。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街東外れの丘のふもとにある勝利広場とギリシャ正教会(写真は筆者撮影)

ユジノサハリンスクの街に見た「ソビエト」の名残り

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(2) 2018年6月末、日本政府が設置した「サハリン日本センター」主催のロシア人向け講座の講師と…

メディア万華鏡
 

平成とともに消え去る?「女子アナ時代」の30年

 小宮悦子(元テレビ朝日)、高島彩(元フジテレビ)、田丸美寿々(元フジテレビ)、八木亜希子(元フジテレビ)、吉川美代子(元TBS)…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「定時帰りは無理!?」26歳女性“固定残業代”への疑問

 A子さん(26)は、3カ月前に今の会社に転職しました。職種は営業アシスタントです。転職以降、定時に上がれる日がほとんどありません…

知ってトクするモバイルライフ
プライバシー重視の方針を打ち出すアップル。開発者向け会議でもプライバシーに関してはたびたび言及される(写真は2018年6月のアップルの年次開発会議<WWDC>)

アップルが「GAFA」一括りにされるのを嫌がる理由

 総務省は、電気通信事業法の「通信の秘密」の規定を、巨大なプラットフォームを持つ海外のIT企業にも域外適用する方向で検討を進めてい…

ニッポン金融ウラの裏
 

キャッシュレス化20%「日本は遅れてる」はホント?

 「デジタルマネー」が引き続きホットな話題となっている。政府が推進するキャッシュレス化社会の流れに沿った議論だ。だが、さまざまな官…