政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

ここまで進んだ「AI・データ活用」新ビジネス実例集

エコノミスト編集部

 人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)を駆使して、デジタルデータから新しい価値を生む段階へと入った。日本初のビジネスが続々と登場している今、最前線を取材した。週刊エコノミスト4月17日号の特集「世界を変える! データ×技術」よりダイジェストでお届けする。

気象データを生かして利益増

 日本気象協会は、気象庁が集める気象データを活用し、天候に左右されやすい商品の需要を予測し、商品の売れ残りを減らすプロジェクトを進めている。その予測技術を活用する企業の一つが子供服・ベビー服大手、西松屋チェーン。同社の柴田拓二・営業企画室長は「ある冬服の利益が、前年に比べ90%も増えた」と喜ぶ。

 アパレル商品は、需要が気温や湿度など気候の変化で大きく左右される。同社のある冬服の場合、販売数は1…

この記事は有料記事です。

残り1884文字(全文2228文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。