アルバニア人の美男美女カップルに誘われティラナのオープンカフェでお茶をする(写真は筆者撮影)
アルバニア人の美男美女カップルに誘われティラナのオープンカフェでお茶をする(写真は筆者撮影)

グローバル藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

元鎖国国家アルバニア 首都ティラナは明るい街だった

藻谷浩介 / 地域エコノミスト

旧ユーゴ諸国とアルバニア編(9)

 アルバニア。欧州で最も知られざる国。冷戦時代当初はスターリン、次いで毛沢東を範として、世界中に背を向け鎖国政策を取っていた。しかし激しく敵対していたソ連の崩壊後、日本のニュースをにぎわすこともないままに、いつの間にか民主化されたという。そしてその後、どうなっているのか、行って安全なのか、とんと情報がない。若い人にはホワイトニングクリームの名前の方が有名か。この国の唯一の友邦ともいえるコソボからアルバニアの首都ティラナへ5時間のバス乗車で乗り込んでみる。

この記事は有料記事です。

残り2685文字(全文2930文字)

藻谷浩介

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外95カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ベイルート港からレバノン山脈を望む。フェニキア語で白の意味の「レバン」からレバノンの名がついた。この山脈に降る雪を意味する(写真は筆者撮影)

レバノン首都ベイルート「中東のパリ」の今を見に行く

 ◇レバノン・ベイルート編(1) シリアとイスラエルという、ややこしい隣人に囲まれた小国・レバノン。1975年4月、東アジアでベト…

世界透視術
中国・北京の人民大会堂

中国富豪の転落死でネットに書かれた「七三死」の意味

 南仏プロバンスにある山村で7月3日、高さ10メートルほどの教会の石壁の上から中国人富豪が転落して死んだ。米誌「フォーチュン」の国…

職場のトラブルどう防ぐ?

「36協定」に署名を求められた32歳営業マンの不安

 A太さん(32)は、従業員数約20人の機械卸会社の営業マンです。2年ほど前に今の会社へ転職しました。職場の雰囲気にも慣れ、気持ち…

メディア万華鏡
秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、代表撮影

「小室さん留学意向」の記事と新聞・週刊誌の皇室報道

 なんだろうと疑問が湧いた。毎日新聞6月29日朝刊の「小室さん 米留学意向 今夏にも 眞子さま婚約内定者」という記事を読んだときの…

知ってトクするモバイルライフ
キーを搭載した従来型携帯電話として発売される「インフォバーxv」

SNS疲れの人へガラケー型「auインフォバー」復活

 KDDIが、デザインを重視した携帯端末を送り出す「auデザインプロジェクト」を再始動させ、今秋に「インフォバーxv」を発売する。…