美ら海水族館がある海洋博公園
美ら海水族館がある海洋博公園

政治・経済素顔の沖縄けいざい

「美ら海水族館に古宇利島」やんばる観光を育てる策は

渡部晶 / 沖縄振興開発金融公庫副理事長

 沖縄本島は、行政区域としては南部・中部・北部に分けられている。それぞれ、古来、那覇より以南を島尻(しまじり)、那覇以北で北部以南を中頭(なかがみ)、遠い北の地を国頭(くにがみ)と称する。

 このうち、今回のテーマ、北部地域は、主に森林地域と農業地域となっていて、砂浜など海浜の景観にも恵まれている。南部や中部とは違い、山岳があり、深い森もあることから、山原(やんばる)とも言われる。本島の面積の約63%を占める広大な地域である。

 1市2町9村からなり、人口は約13万人、名護市(約6万人)が中心都市だ。名護市の西隣の本部町に美ら…

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文1602文字)

渡部晶

渡部晶

沖縄振興開発金融公庫副理事長

1963年福島県生まれ。87年京都大学法学部卒、大蔵省(現財務省)に入省。福岡市総務企画局長、財務省地方課長兼財務総合政策研究所副所長、内閣府大臣官房審議官(沖縄政策担当)などを経て、17年6月から現職。沖縄をはじめ、地域振興の仕事に携わってきた。「月刊コロンブス」(東方通信社)で書評コラムを掲載中。