「セクハラ被害者バッシングを許さない!4.23緊急院内集会」に黒い服で参加した女性たち=衆院第1議員会館で2018年4月23日、中村かさね撮影
「セクハラ被害者バッシングを許さない!4.23緊急院内集会」に黒い服で参加した女性たち=衆院第1議員会館で2018年4月23日、中村かさね撮影

くらし育児サバイバル

「まるで昭和!」セクハラ次官に若者は絶望した

藤田結子 / 明治大商学部教授

 女性記者へのセクハラ発言疑惑が週刊誌で報じられた福田淳一財務事務次官について、多くのニュースや議論が伝えられています。平成も30年がたった今、「偉そうな男たちは昭和の時代から相変わらず、女の気持ちを分かろうとしないんだ」と、その底抜けの鈍感さに「深すぎるため息」をついた女性も多いことでしょう。

 今回は、テレビ局の女性記者が、取材相手である財務省の事務方トップに取材をするという状況でセクハラが起きました。これは特殊な世界の話で、自分に関係ないと思っていませんか。実は営業職、接客業、看護師、介護士など、「話を聞く」ことが仕事の一部の人には、誰でも起こり得るハラスメントです。

この記事は有料記事です。

残り2439文字(全文2728文字)

藤田結子

藤田結子

明治大商学部教授

東京都生まれ。慶応義塾大を卒業後、大学院留学のためアメリカとイギリスに約10年間滞在。06年に英ロンドン大学で博士号を取得。11年から明治大学商学部准教授、16年10月から現職。専門は社会学。参与観察やインタビューを行う「エスノグラフィー」という手法で、日本や海外の文化、メディア、若者、消費、ジェンダー分野のフィールド調査をしている。4歳の男の子を子育て中。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
国道4号沿いのサービスエリア「Alzu」はサイ、カバ、インパラなどが放し飼いにされている人気スポット(写真は筆者撮影)

ヨハネスブルク「絶対に歩いてはいけない」地区を縦断

 ◇南アフリカ編(7) レソト王国入国に失敗したにもかかわらず、懲りもせず今度は、エスワティニ(旧スワジランド)の国境近くまで走っ…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

働き方改革のしわ寄せ?「収入半減」パート女性の嘆き

 A実さん(55)は、チェーン展開する自宅近くのクリーニング店で受付のパートとして働いています。昨年「働き方改革」への対応で店舗に…

メディア万華鏡
婚約が内定、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日、代表撮影

「開かれた皇室」が生んだ?小室さんスキャンダル報道

 ガソリン、投下しちゃった。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期となっている米国留学中の小室圭さん(27)が1月22日、母…

知ってトクするモバイルライフ
第2弾の100億円還元キャンペーンを発表するペイペイの中山一郎社長=東京都千代田区で、今村茜撮影

ペイペイ再び「100億円キャンペーン」は小粒に還元

 ソフトバンクとヤフーが合弁で設立したQRコード決済事業者のペイペイが、総額100億円キャンペーンの第2弾を2月12日から始める。…

ニッポン金融ウラの裏
 

変革の時代に「動かない」言い訳を探す銀行の勘違い

 銀行が変革の時代を迎えていることはいまさら言うまでもない。しかし、そのような言葉がマスコミをにぎわしている割には、銀行業界で実際…