社会・カルチャーベストセラーを歩く

私立探偵・沢崎が14年ぶり登場「それまでの明日」

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 原尞(はら・りょう)の14年ぶりの小説「それまでの明日」(早川書房)を読んだ。手に汗握る、というのとは少し違う。展開はめまぐるしいほど、速いわけではない。章立てが細かいので読みやすいのだが、むしろ、じっくりと登場人物たちの織りなす人間模様を味わうのが楽しい。あれこれと考えながら、物語に親しめる。

 これは原作品のデビュー以来、変わらない魅力だといえるだろう。振り返れば、原は不思議な作家だ。40歳を過ぎて1988年にデビュー。長編小説は今作を入れて5作、短編集が1冊、エッセイ集が2冊。人気のある直木賞作家としては異例の寡作だ。

 しかも、小説はすべて私立探偵・沢崎が登場するハードボイルド。物語は一人称「私」の探偵の視点からのみ…

この記事は有料記事です。

残り1902文字(全文2217文字)

重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
手のひらにしっかり収まる「アクオスR2コンパクト」。発売は1月

日本人の好みに応えたシャープ・アクオス小型スマホ

 シャープが、小型スマホの「アクオスR2コンパクト」を開発。ソフトバンクから2019年1月に発売されるほか、SIMフリーモデルとし…

ニッポン金融ウラの裏

NISAに最初の「5年満期」更新しないと非課税消滅

 少額投資非課税制度(NISA)が初めての期間満了を迎える。一定の手続きによって、さらに5年間の非課税期間延長となるが、いま、証券…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…