財務省の福田淳一事務次官(当時)=2018年4月16日、佐々木順一撮影
財務省の福田淳一事務次官(当時)=2018年4月16日、佐々木順一撮影

社会・カルチャーメディア万華鏡

財務次官セクハラ報道で感じた「二つの大きな変化」

山田道子 / 毎日新聞紙面審査委員

 財務省の福田淳一前事務次官の女性記者に対するセクハラ報道で大きな二つの変化を感じた。

 一つは、セクハラを受けたテレビ朝日の女性記者が「セクハラの事実を同社で報じるべきではないか」と上司に相談したこと。「全ての女性が働きやすい社会になってほしい」とも話したという(毎日新聞4月19日朝刊)。

 女性記者が録音データを持ち込んだ週刊新潮の5月3・10日号(4月25日発売)は、彼女が相談相手に送った次のようなメールを報じた。

 「『#MeToo』が根付かない中で、(レイプ被害を訴えた)伊藤詩織さんの件は、証拠がなかったために…

この記事は有料記事です。

残り1208文字(全文1468文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
山田道子

山田道子

毎日新聞紙面審査委員

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞入社。浦和支局(現さいたま支局)を経て社会部、政治部、川崎支局長など。2008年に総合週刊誌では日本で一番歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長を経て15年5月から現職。

イチ押しコラム

世界透視術
北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長=朝鮮中央通信・朝鮮通信

習近平氏と金正恩氏がたった40日で再会談した理由

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が5月7、8の両日、中国遼寧省の大連を訪れ、習近平中国国家主席と会談した。2人…

職場のトラブルどう防ぐ?

「仕事が生きがい」37歳編集者が“裁量労働”で困惑

 A子さん(37)は、美容・健康分野の専門誌をつくる中堅出版社の編集者で、看板雑誌の副編集長をしています。自分のアイデアを形にした…

知ってトクするモバイルライフ
毎月のデータ使用量は気になる…

ドコモ「新データプラン」容量によって切り換えがお得

 NTTドコモは5月25日から、データ使用の新料金プラン「ベーシックパック」と「ベーシックシェアパック」を始める。使ったデータ容量…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ケーブルカー終点付近から見下ろしたウェリントン市街(写真は筆者撮影)

ニュージーランド 世界で最も遠く離れた先進国

 ◇ニュージーランド編(1) 産業の国際競争力も、生活水準も、非常に高い。しかしいかんせん、世界の他の場所からあまりに離れて孤立し…

メディア万華鏡
財務省の福田淳一事務次官(当時)=2018年4月16日、佐々木順一撮影

財務次官セクハラ報道で感じた「二つの大きな変化」

 財務省の福田淳一前事務次官の女性記者に対するセクハラ報道で大きな二つの変化を感じた。 一つは、セクハラを受けたテレビ朝日の女性記…