グーグルペイがスイカやワオンに対応。アンドロイド5.0以上でおサイフケータイ対応端末が必要
グーグルペイがスイカやワオンに対応。アンドロイド5.0以上でおサイフケータイ対応端末が必要

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

アンドロイドスマホ「グーグルペイ」の使い勝手を試す

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 グーグルは、アンドロイド用の決済プラットフォーム「グーグルペイ」に、JR東日本の電子マネー・スイカや、イオングループの電子マネー・ワオンを対応させた。おサイフケータイに対応し、フェリカを内蔵するアンドロイド内蔵のスマホで、これらを利用できる。

 グーグルペイには、すでに楽天エディや、セブン&アイグループのナナコが対応しており、今回の追加で使える電子マネーは4種類になった。グーグルによると、今後は非接触ICを使ったクレジットカードサービスの「クイックペイ」もグーグルペイに対応する予定で、JCBやジャックスなどのカード、個人間送金アプリの「キャッシュ」といったサービスも対応する。

この記事は有料記事です。

残り1498文字(全文1789文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。