夢洲(大阪市此花区)でのIR整備のイメージ=関西経済同友会提供、2015年1月作成
夢洲(大阪市此花区)でのIR整備のイメージ=関西経済同友会提供、2015年1月作成

社会・カルチャーニュースをウラ読み

「入場料6000円」カジノは本当に必要なのか

位川一郎 / 毎日新聞紙面審査委員

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の実施法案が国会で審議されています。2016年暮れに「IR整備推進法」(カジノ法)が成立したのを受けて、実際にカジノを開設する際の規制を定めたものです。

 この法案ができるまで、政府・与党内で1年余りの議論がありました。それを伝える記事を読むたび、不謹慎かもしれませんが、「ムダな議論」に見えて仕方がありませんでした。

この記事は有料記事です。

残り1197文字(全文1373文字)

位川一郎

位川一郎

毎日新聞紙面審査委員

 1957年広島県生まれ。東京大経卒。81年埼玉新聞社入社。88年毎日新聞社入社。水戸支局、経済部、総合メディア事業局、地方部などを経て、2004~10年経済部編集委員。国土交通省、農水省、総務省などを担当し、ライブドア騒動、米国産牛肉の輸入再開、公共事業問題などを取材。13年から現職。