フォルクス・ワーゲン(VW)が1940年代に開発・市販したビートル形の第1期モデル車「タイプ60」=1990年7月9日撮影
フォルクス・ワーゲン(VW)が1940年代に開発・市販したビートル形の第1期モデル車「タイプ60」=1990年7月9日撮影

IT・テクノロジー知っておきたい電気自動車

倉庫で眠るビンテージカーがよみがえる「改造EV」

村沢義久 / 環境経営コンサルタント

 日本にも新規参入の電気自動車(EV)ベンチャーが現れているが、筆者が特に期待するのは既存のガソリン車からエンジンとガソリンタンクを取り外し、代わりにモーターとバッテリーを積み込んで作る「コンバート(改造)EV」だ。

 2017年9月、日産が新型「リーフ」のスペックを発表した日、「メッサーシュミットKR200」のコンバートEVが納車された。元の車は、飛行機のようなボディーに2サイクルエンジンを載せた前後2人乗りの三輪車(前方2輪後方1輪)。

 60年も前にドイツで作られた歴史的な車で、部品の調達が難しく、長年倉庫の片隅に置かれていたものだ。…

この記事は有料記事です。

残り1169文字(全文1440文字)

今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

村沢義久

村沢義久

環境経営コンサルタント

1948年徳島県生まれ。東京大学工学部卒業、同大学院工学系研究科修了。スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得後、米コンサルタント大手、べイン・アンド・カンパニーに入社。その後、ゴールドマン・サックス証券バイス・プレジデント(M&A担当)、東京大学特任教授、立命館大学大学院客員教授などを歴任。現在の活動の中心は太陽光発電と電気自動車の推進。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
1月末に発売されるウイコウの「トミー3プラス」

仏でシェア2位「ウイコウ」1万4800円スマホの勝算

 フランスに本拠を置くスマホメーカー「ウイコウ(Wiko)」の日本法人が、1月末に新モデルの「トミー3プラス」を発売する。 トミー…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ最南端・アグラス岬に向かうオバーバーグ地方には、羊の牧場に菜の花畑が織り交ざる、美しい丘陵地が広がっていた(写真は筆者撮影)

ケープタウンからアフリカ最南端アグラスへ車を駆る

 ◇南アフリカ編(3) 聞いていたレベルまでの治安の悪さは感じなかったケープタウンのダウンタウンで、5日間の契約でレンタカーを借り…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「自分勝手に勤務?」ママパートに困惑する歯科経営者

 A夫さん(42)は、自分のクリニックを経営する歯科医師です。パートの歯科衛生士で3児の母であるB子さん(33)の“自分勝手な勤務…

ニッポン金融ウラの裏
 

地域銀行が「収益力強化」のために今年やるべきこと

 今年の金融分野の課題は何か――。前回は証券市場の問題を考えたが、今回は間接金融、つまり銀行業界に目を向けてみたい。最大級のテーマ…

メディア万華鏡
西武・そごうのサイトに公開された広告動画

西武そごう広告とSPA!「残念なメディア」の共通項

 昨年の新語・流行語のトップ10に、性暴力を告発する「#MeToo」が入って喜んでいたら、新年早々、メディアと女性をめぐるがっかり…